« 社長ブログ | トップページ | 新幹線がやってくる(2)新駅アクセス最善策って。 »

新幹線がやってくる(1)いろんな課題

新年はなるべくあかるい話題ということで、新幹線のお話を、いくつかに分けて書きます。
いよいよ今年5月21日(予定)、北海道新幹線が着工することとなりました。

着工から10年程度で完成することも明示されました。
もしかすれば、うちの息子の小学校の修学旅行は新幹線になるんです。自分の中学の修学旅行が連絡船の最後の年度(1987)だった事を考えれば、すごいことなのだ。

んでもって。
新幹線がやってくる前に、僕らがやらなくてはならない仕事がいくつかあります。
大きく言えば「函館の魅力づくりと発信、おもてなしの心の育成」。
これはじつは、新幹線が来ようが来まいが本来やっておくべき事なのですが、自分を含めて田舎もんはのんびり屋さんが多いので、今回は新幹線をきっかけに、しっかりやっておく必要があります。

そうしないと、「ストロー効果」といって、東京とか札幌とか、函館よりも求心力のある街へ、どんどん人や物やカネが流出してしまうんです。

もちろん、ハード面の方針だってしっかりしなくちゃならない。
すでに新聞等に取りざたされている「新函館駅~函館駅」のアクセス問題。
新函館駅周辺整備と、既存の市街地との役割分担をどう行うか。

このあたりを、小分けにして綴って参ります。

|

« 社長ブログ | トップページ | 新幹線がやってくる(2)新駅アクセス最善策って。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/2547169

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線がやってくる(1)いろんな課題:

» 新幹線がやってくる [ローカルなウェブメディア雑記]
トラバで失礼。こんな地方都市にもいよいよ10年後には新幹線がやってくるらしい。し [続きを読む]

受信: 2005.01.12 15:23

« 社長ブログ | トップページ | 新幹線がやってくる(2)新駅アクセス最善策って。 »