« お茶漬けと納豆のしあわせ | トップページ | サザエさんは愉快かもしれないが。 »

「優しい時間」ツアー'05春

いや~、走りました。

ドラマ「優しい時間」の熱狂的ファンであるカミさんに楽しんで貰うべく、休み無しで働きづめた3月ぶんの振替休暇なんかも使いまして、4月23~25日の2泊3日で富良野・登別「優しい時間」ツアーへと行って参りました。

==4月23日土曜日 (初日)==

朝9時出発の計画はもろくも崩れさり、函館は10時半の出発。ときどきぐずる息子対策に、有珠山SAやら岩見沢SAやらでだましだまし休憩時間を入れつつ、まずは三笠ICまで向かいます。

三笠ICを下りたところで、愛車のボンネットから煙がもくもくと。
不調な原因はわかってるんですが、けっこうな勢いで煙がでてるので、やや焦ります。
というのは、これって水平対向エンジン特有の劣化現象で、我が愛車は10年14万キロ走行ということもありまして、たまにエンジンオイルが漏れて蒸発して煙が上がるのです。
今回はオイルゲージはすっからかんに近い状態になってしまい、三笠市内のGSで市場相場より高くつくオイルを充填し、桂沢湖・三段滝経由で富良野へ。外は雪も降ってるし、さすがに寒い。

富良野に着いたのは17時半。そのまま喫茶店「森の時計」へ直行しまして、店前でお約束の記念写真をgetし、ラッキーなことに待ち時間なしでカウンターへ着席。ドラマばりにミルでマメを挽きブレンドコーヒーを飲んで参りました。

夜は有名な郷土料理店「くまげら」の山賊鍋を食し、今夜のお宿「ニュー富良野ホテル」へチェックイン。ひといき入れるまもなく単独行動に移り、富良野の仕事仲間と夜の街に消え、深夜まで呑んでおりました。
このとき聞いた話ですと、週末土曜日に「森の時計」に待ち時間なしで入れたのは幸運だったそうであります。

==4月24日日曜日 (2日め)==

チェックアウトのあとにすぐ、朝早くから開けている「北の国から資料館」を見学。過去の感動が蘇ってきて夫婦で感動しまくり(子供はただ駆け回って遊ぶだけ)でありました。つづいて、仕事仲間お勧めのミルクプリンを買いに「フラノデリス」へ。これまた朝から混んでること。お土産ぶんも含めて自分たちの食べる分も購入しその場ですぐに賞味。これは絶品でしたねぇ~。我が家のお取り寄せリストに追加しようかと思ったくらいでして。

富良野を出て来た道を引き返し、三笠・岩見沢経由で江別へ。4月から甥っ子が江別にいるので、お昼をガストでごちそうし、近くのホクレンショップで食料品を買い込んであげるといういいオジサンっぷりを発揮。その後同じく江別で最近家を建てたというカミさんの友人宅を訪問し、小一時間ほど子供たちを遊ばせているうちに時刻は既に4時をすぎ、今夜のお宿の登別へと向かいます。

登別着は18時。宿は登別グランドホテルであります。登別の仕事仲間氏が頑張ってくれたおかげで、部屋食プランをいい条件でひきだしてくれたのでありました。チェックインして部屋食・温泉を堪能後、ホテルまで来てくれた登別氏と軽く呑みつつ、深夜の全身マッサージに身を委ねながら寝たのでありました。

==4月25日月曜日 (3日め)==

ひさしぶりにぐっすり寝たものの、なんだかまだまだ眠い感じをひきづりつつ起床。朝食バイキングを堪能し、チェックアウトしようとしたところに、営業マネージャーが飛んできて「この度のご利用まことにありがとうございました」と丁重な御礼まで頂き、登別氏の力をまざまざと見せつけられましたのでありました(^_^;
チェックアウトまでのんびりしてたお陰ですっかり出遅れたこともあり、この日は観光して帰る時間がほとんどとれないという状態に。結局室蘭の「草太郎」でおみやげを買い込み、なぜかベビー衣料の「西松屋」で息子の服を買い、伊達市内で仕事仲間が紹介してくれたおいしい蕎麦を食べ、まっすぐ函館へ戻ったのでありました。


無事に家にたどり着き、そのまますぐ外郭団体の会議とまちづくりの会議を2件ハシゴして、再度の帰宅は22時。さすがにへろへろですぐ眠たかったのですが、列車事故のニュースとにらめっこしながら3連休が終わったのでありました。

|

« お茶漬けと納豆のしあわせ | トップページ | サザエさんは愉快かもしれないが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/3943600

この記事へのトラックバック一覧です: 「優しい時間」ツアー'05春:

« お茶漬けと納豆のしあわせ | トップページ | サザエさんは愉快かもしれないが。 »