« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

さっぽろひがえり

出張でした。

特割きっぷでまいります。したがって朝一便のスーパー北斗1号乗車。
そのまえにまずは、市電の始発にのって駅に向かいます。

駅前到着。今朝は青空がきもちよく、駅舎がきらきらとまぶしく輝いていたので、ケータイでつい写真をとってみました。
F1000029

まわりの人間にいわせると、「ただ広いだけでセンスがない」やら「街の顔としてはどうか」などと酷評気味の新・駅前広場ではありますが、まだ人気のない早朝7時から市の職員や管理委託先の業者が清掃活動をしておりました。こういう見えないところで働く人達がいて、きれいな街の顔が維持されいているのだということに気づけば、もっと愛着をもって街を(駅前を)見ることができるような気がしますね。

駅につきまして、出張時は定番のパン&コーヒー牛乳&日経新聞をgetして乗車。新聞を読んでいるうちにすぐ眠くなります。起きたら南千歳。いったい何時間寝てるんだか。。

到着後、電気屋をのぞきつつ、あたらしく出来た駅ヨコの紀伊國屋書店なんかも眺めつつ、昼食を札幌の仕事仲間と食べ、会議へ。会議はインターンシップ事業の推進を中心とした若年者雇用対策の関連であります。

地域活力の維持には若年労働者の定着が重要と昔っから言われていながらも、実際になかなか定着しないのには複雑な背景があります。今回ひまつぶしにと、11年前に函館職安が作った「函館市の人口増加を目指しての提言」という報告書を持参して、帰りの車内で読んできた次第ですが、当時から言われているにもかかわらず今でもかわっていないことはたくさんあるし、地域としていっこうに改善の兆しもないまま、11年たってます。

ってことは、だれかがこれに関する仕事をサボってたちゅーことだ。間違いない。

じゃあ、自分は少しでも頑張らなくちゃならんのだろう・・・なぁ・・・。
ひとりじゃ出来ないっすよ、こーいう仕事。

このところは、この会議に関する仕事で、高校生を受け入れてくれる企業に目星を付けてお願いにあるいているんですが、説明が大変です。いろいろ。悩ましいのは、どれだけ高校側のニーズがあるのか、まったくわからない状態で受け入れ先を広げなくちゃならないというあたり、国が推進する仕事ってこんなかんじなのね。。。と考えさせられてみたり。

まあ、しばらく試行錯誤してみましょう。

帰りは兄弟の家に顔を出し、エスタ地下で土産と弁当を買い込んで18時過ぎの特急に乗車。苫小牧から霧が出て遅れた上に、途中シカが飛び出してきて急停車というハプニング。このご時世急停車はマジびびるっす。回復運転不要って感じです。

で、上から15時間後の函館駅。これまたひかりの加減がいいかんじです。
F1000030
でも~、JRのイルミネーション、切れてますから~!>駅長

到着遅れで予定の終バスに乗り継げず、市電に。今朝の市電→特急車内で一緒だったおじさん、帰りの市電もいっしょになりました。お仕事ごくろーさんです。

帰宅したら寝てた息子が起きてきました。再び寝かしつけるのに一苦労。もちょっと遊んであげる時間を増やしたいこのごろです。
今回のおみやげは、大泉洋ファンにはおなじみの、もりもとの「ゆきむしスフレ」でございましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日着工!

北海道新幹線の着工式が行われました。

この日に向けて、いくつか地域の盛り上がりを演出する事業が行われておりました。
5月16日には、北海道新聞主催の新幹線フォーラム。北大佐藤教授を基調講演者に、JR坂本会長、高橋知事、高野会頭、鉄道アナリスト川島氏という顔ぶれ。
5月21日には、大野町主催のフォーラム。新幹線PT小里会長に、国交省鉄道局の担当課長が講演。
さらには、国土交通大臣が函館空港へのアクセス道路となる新外環状道路の完成まで表明してくれました。

さぁ~。
これから開通まで、どんなことが起きてくるでしょう。
んで、僕らはどんなことをしていくことができるでしょう。
自分の関われる範囲で、綴って行ければと思います。

わくわくを抱きつつ。
深夜なので寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仕事の質量

GWあけから、相も変わらずの居残りモードであります。
外で会議などの用事がなければ、だいたい21~22時ペース。
このところは、前任の業務のシステム作り直しと、マニュアルの改訂をしております。

こんななんで、どうにも仕事以外が後手にまわって、ほとんどなんにも手につきません。
貴重な週末も、睡眠優先になっております。

仕事には「言われてやる仕事」と「自らすすんでやる仕事」の2つがありますよね。
このところは比率が2:8くらい。
言われてやる仕事だけなら、ほとんど給料泥棒みたいなもんですし。

でも逆に、こーゆーこと言う人もいますね。「求められていない仕事は仕事じゃない」。
それも一理あります。

話を戻せば、前任業務の再構築ってのは、別に誰が望んでいるものではないので、自分自身の責任とけじめという意味があります。管理業務だったので、管理レベル(仕事の質)を落として欲しくないという想いでもあるんです。

で、悩ましいのは、一世一代(自分が担当してきた中で)で築き上げた管理レベル(マニュアルやシステム)を、もし後任の上司や部下が求めていなかったとしたら。

つまり、自分が担当しながら考えて実行してきたことは、意味がなかったということになりますねぇ。。。
となったら、じゃあボクは今までなにをやってきたのかと。

そういう失望感を想定すると、やっぱり求められない仕事はしちゃいけないんだなとも思えてみたり(笑)
いろいろ疲れます。

なんかアホなこと書いてますが、自分自身はあくまで、お客様から有り難がられるような職場になれるよう、価値を高められる仕事をしていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっきり。

とした気分でひさびさの出勤。

そりゃまあ、たっぷり休ませて頂きましたからねぇ。。
でも、GWあけの本日は、ちょっと業務がたまってしまっており、報告書系の作成事務に忙殺されてしまいました。

まだまだ我が職場は4月異動の余波が残っていて、異動して担当が変わった職員達が、前の仕事と新しい仕事との間でいろいろと揺れ動きつつ、軌道に乗り切れていないような状態。

そういえば、前任だった函館マルチメディア推進協議会の、大きな成果でもある「デジタルアーカイブハンドブック」完成頒布のニュースがいくつかの新聞に掲載されたおかげもあり、全国全道からひっきりなしにお取り寄せの問い合わせを頂いております。
とはいっても、自分は異動してしまった後ゆえに、お客様からのリクエストや感想を直には聞けない環境にいるというもどかしさもあったりしまして。ううーむ。。。

おちつくまで、まだまだかかりそうです。

っと。
ちなみに、ハンドブックはどなたにでも無料でおわけしておりますが、事務局にお越しになれない遠方の方は、送料実費(210円)で郵送しております。くわしくはhmpc@hakodate.cci.or.jpへどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっぷり。

と、散財してしまったGWでありました。

どこに旅行に出たわけでもありませんが、毎日毎日こまこまと出費が積もっていくのであります。

4月29日。自宅でホームパーティ。
4月30日。灯油タンクをカラにしてしまい、休日ながら無理言って業者さんに給油にきてもらう。夜は葬儀。
5月1日。ほんとうに休日。家族でひたすら寝る。
5月2日。出勤。
5月3日。市内一円お買い物巡り。ニトリ・ホーマックで収納用品なんかを購入。
5月4日。函館公園こどものくにで子供と遊ぶ。夕方現像に立ち寄ったカメラのキタムラでプリンタを衝動買い。
5月5日。五稜郭公園で花見。愛・地球博中継実験にも立ち会い、夜は友人宅でホームパーティ。
5月6日。午前に病院、ヤマダ電機の新聞チラシでHDDレコーダを衝動買い。夕方妹一家来宅。夜は葬儀。
5月7日。午前お掃除、午後買い物。夜は親戚を呼んで息子の誕生日パーティ。
5月8日。実家のPCのメンテナンス。夕方から買い物、夜は友人が来て自宅PCのセットアップ。

お金ありません。。。
ボーナスのありがたみを痛感しております。

仕事場で忙しくしてるほうが、お財布にはやさしいとも言えるわけですが、うーん複雑じゃ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザエさんは愉快かもしれないが。

連休前半終了。
3日間、ホームパーティを開いたり、親戚の葬儀があったり、たまった家事をこなしてみたり。

仲間との語らいやら、坊さんの説教やら、だいぶ心が穏やかになってきている・・・・はず。
なのに、そーいう穏やかなキモチが、なぜ職場にいくと持続しないものかと(苦笑)

それって何かといえば、温度差なんですねぇ。職員それぞれが仕事に対して向き合う姿に、あまりにも温度差がありすぎるという。

個人の能力とか、仕事の出来不出来を指摘するつもりはなくって。
(もちろん、能力が高かったり仕事が出来たり、良い結果が残せるに越したことはないけど)
なによりも、仕事に対してどれだけ真摯であるかどうかということが重要だと自分なんかは思うんですよ。

そのあたりの姿勢が、み~んなばらんばらん。
上の人間たちが、組織としての目標をコミットメントできていないのも問題。
「事業計画読んでおけ」っていうだけじゃ、キモチまでは伝わらないもんです。

地域や会員の人達によろこんでもらえる仕事をしよう。
おなじ仕事ならお金や手間をかけず早く済む方法を考えよう。
やるべきことや気づいたことはすぐにみんなで共有しよう。
仕事をひとつ形にするごとに仕事の価値をひとつ高めていこう。

これは自分自身のなかで心がけていることで、どこの会社でもあたりまえに言われているようなことなんですが、うちの職場では話題に出た試しがない。
そして、この真逆をやってる人達にかこまれて、またひとつずつ不機嫌になっていく私。

月曜深夜、このところの楽しいキモチが静かに引いていくひとときであります(^_^;
サザエさん症候群とはよく言ったもんですわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »