« クールビズ1週間 | トップページ | 週末のほうがハード »

「いいかげん」にまちづくり

仕事は落ち着きをみせつつあります。
が。
それ以外のこと、おうちのことも含めていろんなことが頭をぐるぐるしています。

たとえばひとつ、いま地域づくり系で、まだ基礎固めまでもいかないような「くい打ち」段階の企画が進んでます。この企画、いろんな人達の力がなければ実現できないことなんですが、いろんな人達がいすぎて、うまくまとまるかどうかすら確証が持てないまま走ってます。
そんななかで、まちづくりの主要なメンバーと話をしているうちに、地域活動を継続させていくために必要なのは、もしかしたらある意味での「てきとう」「いいかげん」な心のありようなのかなと思えてきました。
それぞれの集団や趣旨や目的、主義や主張があって活動しているわけですが、あまりにもそれが強すぎると、団体同士が相容れなくなって、せっかくの貴重な地域の活力が分断されてしまう、そんな事例をいくつか見てきました。

たしかに、正義正論を説いても、ものごとはなかなか進まない。
職場における私もちょくちょくそういう状況に陥りがちなので、テキトーな自分を演出することも時には必要なのかなと。
地方都市でできるだけ長く地域活動を継続していくためのヒントがこの言葉にあるのかもしれません。

|

« クールビズ1週間 | トップページ | 週末のほうがハード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/4961993

この記事へのトラックバック一覧です: 「いいかげん」にまちづくり:

« クールビズ1週間 | トップページ | 週末のほうがハード »