« まるでやる気無し | トップページ | 環境をつくるということ »

この道を行けばどうなるものか

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる
迷わずゆけよ ゆけば分かるさ

猪木もとい一休禅師の有り難きお言葉であります。

サラリーマンとしてちょうど10年働いてきた自分、節目ってこともあって考えることがいくつかあります。
「10年もたったのに、まだこんな状態か」という思いもあれば、逆に
「変化を望まない職場にあって、これでもずいぶん進化したほうなんだろうな」という思いもあります。

第一線でバリバリ活躍している仲間達から日々いろんな刺激を受けつつ生活しているせいもあって、自分なりに焦らず忍耐強くやってきたつもりでいても、もどかしくなることはたくさんあって、そういうことが絡み合うと精神状態が悪くなって、ついつい愚痴系コメントがあらわになってしまったりします。

「自分はどう生きたいのか。」

たぶん、人一倍そのことを自問する傾向の強い人間が自分なのでありますが、更に最近そのことを強く意識させられる機会があったりもしました。どうやら、自分自身は職場に対する期待、「やればもっと出来るはずだ」という可能性に対する期待が、高すぎるのでしょう。

でも、やっぱり職場では誰も頑張らない。原因は何でしょうか。やれば忙しくなるから?やっても給料上がるわけでないから?いや、たぶん根本的な問題が「目標設定・認識共有ができない」ところにあります(あくまで、うちの場合)。で、ここの部分はマネジメントの問題で、自分らがなんぼ言ってもマネジメントする立場にいる人達が意識を改めない限り改善はされません。それがとても残念な点です。

こう考えると、じゃあ自分がやりたいことというのは、職場外の地域活動のなかで実現の可能性をさぐる、というのが、現実的な方法ということになるのでしょう。
実際にそう考えるようにすると、だいぶ気が楽になるかんじがします。

そしてもし、自分が組織のマネジメントに携わる時代が来たら、こうやって綴っている「自分がそのとき感じた想い」を自らの手で改善していけばいい、それだけの話かもしれません。

だいいち、
組織を預かる立場になったとしたら、今の自分のように、職場の人間の愚痴なんか書いていられませんもんね(^_^;;


ついしん
なるなるさん、きのっちさん、元気もらいましたよん。

|

« まるでやる気無し | トップページ | 環境をつくるということ »

コメント

タイトル名…アントニオ猪木が引退の際に思いつきで言った言葉だとずっと思ってました(^^ゞ

>「目標設定・認識共有ができない」
これって組織を形成するに当たって、1番大切なことだよね。でも、1番難しい。
目標設定って誰がする?トップが自分の部下をまとめる為?
う~ん、自分で決めた目標じゃないと当事者意識って高まら無いよね。

俺んとこは社是なんてのはあくまで『社長のワガママ』。
(お客様に感動ある料理、サービスを提供しよう!)

それが嫌だったなら、やめりゃいい。

そのワガママを達成する為におのおのの店舗、店長個人、社員個人の目標設定をしてもらってますけど…。

ぶっちゃけ、自身の短いサラリーマン生活の認識では、

自分のスタンスを貫き通したもん勝ちのような気がします。

やりたい事を、やりたい様に、やりつづける努力→あくまで自分自身のために。
周りに期待する→仲間に失望したくない→だから不満になる。

変れないものには期待しない。

ただ、フレッシュなものに『こんび』のたかった手で触れて欲しくないよね。

投稿: ガッツ | 2005.07.26 21:01

職を失ってた一時期、占いにはまっていた時期がありまして、そのうちの一つに、私は性格的に「職場に理想を追い求めるあまり、ギャップを感じる事も少なくないでしょう、公務員には向きません」的な一言がありましたw
しかし、自分の性格はなかなか変えられませんし、そうなると結局民間で働いても同じような気持ちになる、というのが現実でした(^^;
わかだんなさんの気持ちを活かせるような環境作り、これは自分自身しか出来ない事だと思いますし、地道に頑張れば絶対に良い方向に向くはずですよ☆

投稿: つね吉 | 2005.07.26 23:55

「自分はどういきるか?」
このところ、私の考えていることです。

サラリーマン生活11年。
5年後、10年後の自分が見えなかった。
今は、自分の選択肢を自分で狭めることはしたくないな、と思っています。:-)

投稿: らき | 2005.07.27 17:37

私も日々悶々としています。
私もちょうど社会人10年目。必死になって働くことが普通だったのに、たらたら働くようになってしまいました。先の不安も抱えながらです。
目的意識をはっきりしないまま職業を選んだことを後悔したり、しかしこの会社に入らなければ出会えなかった人もいると思ってみたり、考えすぎて何も答えはでません。

焦る気持ちはとてもわかりますが、ここは虎視眈々と自分がマネージメントの立場になるまで待ってみてはいかがですか?
虎視眈々と、虎視眈々。にらみきかせて(笑)!

投稿: ゆるゆる | 2005.07.28 18:45

あれ?私のコメントがガッツさんと入れ替わってますね(汗)何かバグらせてしまったでしょうか(^^;
らきさんの「虎視眈々」はイイ感じですね☆
私が抜けてから、会議所や青年部に色々と問題がおきてしまい…大変な時に、大切な人たちの役に立てないもどかしさを感じております。明日は祭りを手伝いに行こうかと思ってますが…未だに後ろ髪を引かれる思いがあります(苦笑)

投稿: つね吉 | 2005.07.30 03:09

入れ替わってるわけではなかったですね(滝汗)失礼致しました(^^;;

投稿: つね吉 | 2005.07.30 03:12

ガッツさん、つね吉さん、らきさん、ゆるゆるさん、どもです。

みなさんのお話を読んでまた、いくつかかんじることがありました。

32歳にして、まだまだ未熟なワタクシです。
こんごともよろしくおつきあいのほど。。

投稿: 世帯主 | 2005.08.01 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/5154201

この記事へのトラックバック一覧です: この道を行けばどうなるものか:

« まるでやる気無し | トップページ | 環境をつくるということ »