« サンボを聞きながら | トップページ | モバイルバー »

知られていない活動

8月下旬、5回シリーズで北海道新聞が「新幹線のマチを行く」っていう企画記事を連載しました。ただし道南版。

記事では、駅周辺開発に成功した佐久平駅周辺の発展と衰退の模様や、自分もblogで紹介した安中榛名駅周辺開発の惨状っぷりも紹介されてます。

このところ、北海道新幹線に絡んだ具体的な動きがかたちになって見え始めてきました。
渡島支庁(北海道)や、函館市のなかにも、新幹線を中心とした高速交通体系の整備について協議を行う庁内組織が立ち上がった(立ち上がる予定)りして、じわじわと動き始めた感のある北海道新幹線。現地測量の着手やら、施工業者も決まり始めるなど、つち音がすこしづつ大きくなってきています。

そういう中にあって、うちの職場が事務局で、道南地域の経済団体・同業団体等で組織する「道南高速交通ネットワーク推進連絡協議会」も、25日に今年度の総会を開き、日本政策投資銀行の藻谷浩介氏の基調講演に続き、先進地視察など今後の事業計画なんかを決めた(はず)なんですが、その後新聞には載らず。

担当者には、新幹線にまつわる動きが注目されつつある今だから、ぜひ報道にも趣旨と事業活動をアピールしていったほうが良いと伝えてあったんですが、結局外の人達の目に触れることなく終わってしまいました。

北海道新幹線の開業に向けて民間の盛り上がりこそ必要、と多くの人達に言われつつある時期に、民間の人達が活動していることが世間に知られていないというのは、寂しいことです。

|

« サンボを聞きながら | トップページ | モバイルバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/5653517

この記事へのトラックバック一覧です: 知られていない活動:

« サンボを聞きながら | トップページ | モバイルバー »