« 浜松出張(1) | トップページ | 睡眠の刑 »

浜松出張(2)

 その1から続き。

 例えば、最近草野球に興じている東京の友人の話。地元の草野球リーグなどに入って活動できる地方都市のチームは恵まれているそうで、大都市圏ではチーム同士の交流も意外と少なく、練習試合の相手も人づてで、対戦相手も同じくらいのレベルのチームのいくつかに固定化してしまう傾向が強いということもあって、たまには変わった環境で野球をしたいというニーズがあるんだそうです。
 彼曰く、それはどんな環境かといえば、

○非日常的な環境での試合、例えばドーム球場など
 →(これ、大阪ドームとかでは夜中に結構安く球場を貸したりしいるらしく、借りるのも難しくないようで)

○対戦相手の情報がしっかり入手できること
 →(プロ野球の選手名鑑みたいな、なんちゃって名鑑があれば面白いのかな・・)

○プロ野球さながらの演出
 →(草野球世代の人達はテレビゲームの「ファミスタ=ファミリースタジアム」で育った年代が多いので、憧れがあるようです。具体的には、バスで球場に乗り付けてロッカールームに入り、スパイクを鳴らしながら入場。スコアボードに自分の名前が出て、ウグイス嬢が場内アナウンス。TV中継の如くビデオ撮影が入る。名場面のスチール写真なんかも撮影して予約販売。勝ったらヒーローインタビュー。終了後は全員で記念撮影して、そのまま懇親会。オプションでビールかけプランも選択出来るようにしたりとか)

 ポイントになるのは、みんなが主役になれて、スポットライトを浴びてみたい、そういう夢を叶えてくれる非日常的環境。
 で、もし函館でこのようなパックツアーを作って売り出したとしたならば、草野球チームご一行様が大勢やってくる・・のか??

 旅行のスタイルが団体から個人へシフトし、旅行代理店を通さず自分たちで旅行手配する人達が増えている時代にあって、野球・サッカー・フットサルなどなどスポーツ合宿系は残された貴重なマーケットなのだ、と頭では感じながらも、それでちゃんと稼げるのか不安も少々。

 まあ、いつでも大事なのは柔軟な発想つーことで。
 直接的な経済効果を創出させる工場誘致とかは行政にしか出来ない仕事ですし、長期的な戦略が必要になりますから、まずは自分らが始められることをなんかかんか考えて行かなくちゃなぁというのが、今回の旅の感想でありました。

 ともあれ、出張先でお世話になりました、本社ならびに富良野・伊達・浜松・岡崎・中間・直方・八女支店の皆々様、たいへんお疲れ様でした(^_^)

|

« 浜松出張(1) | トップページ | 睡眠の刑 »

コメント

久しぶりにわかだんなさんのブログを読ませていただきました。なるほど、と思える話ですね。時給差が200円ですか!ありえない!やはり縮小再生産が経済の基本であるこの街とは大きな違いですよね。子供の頃婆ちゃんに『電気点けっぱなしにすんでない、経済しなさい!』って良くしかられませんでした?大人になると良くわかります。この街の経済=節約であり、出さない&使わないのが函館的経済学なのだと。他地域に本社のある量販店から安く物を買い、地元に金が落ちない。地の利(不利)から『鎖国型経済』で生き延びてきたこの街だからこその函館経済学はもはや通用しない。どうにかしなきゃねぇ。

投稿: ガッツ | 2005.10.14 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/6150387

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松出張(2):

« 浜松出張(1) | トップページ | 睡眠の刑 »