« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

ぬるぬるニッポン

世の中ヌルい。
そして俺はアツい(^_^;
ゆえにいつも自分はその温度差にヤラレてしまうんであります。

話は土曜日。
NHK「日本のこれから/若者」を見てました。話題はニートやフリーターの問題が中心。

あちらこちらで、これはニッポンの大問題だ!という声が聞こえてくる割には、そういう社会をすごーく許容してたりもして、そのあたりがヒジョーにヌルい。んん~、多様な価値観を認め合う社会は素晴らしい(のかねぇ・・)

前に誰かが本に書いてました。「ニッポンは働かなくても食える国になったんだ。こんな素晴らしい事はない。」

国家の秩序や財政の話を棚上げにして言えば、ホントに良い国になったもんだと思いますよ。ニートやフリーターでも生活が成り立っちゃうってのは、彼らの親やら何やらにカネがあるっていう証拠だし、そんなに持ってるなら可愛いニートな子供達のためにしっかり使って頂いて、消費を下支えして欲しいなと。

前置きはさておき、自分なりの考察。
我が国の先輩達は豊かな社会の実現を目指して知恵と情熱で行動してきたはずなんですが、それが実現してしばらく、みんないろいろ楽をしてきたんでしょうねぇ。そのような、楽して理念無くお金を得た家で育った子供が、自らも楽な方に傾いていって発生したのがニートやらフリーター、ということなんじゃないかなと。

例えば。
裕福な家で育った子供でも「お金というのはお前が誰かに喜ばれる事をしたご褒美に頂くものだよ」と教えられれば、働くことの意義をしっかり身につけることが出来るでしょう。
貧乏な家で育った子供なら「働かないと食えないんだ!学校出たら家出て一人で稼げ!」と育てられたら、歯を食いしばってでも働く子供が育つでしょう。

でも、理念無くお金を得た家で育った子供は、生きるために大事なことも教えられることがないままに育てられて、理念がないから就職のビジョンも持てなくて、せっかく就職しても特に仕事に求めるものもなく、そのくせに許容量が小さいから些細な事にもすぐムキになってみたり放棄してみたり。

なんか、身近にあるような書き方してますが、よくある話です(^_^;

で、自分の結論。
まあ、ニートもフリーターも、あるがままに生きてくれ。時代と共に環境は変わっていくんだから、人生のビジョンを探し求めながらしなやかに生き延びてくれ。ってトコです。
ん?なに熱いオトコが冷めた事言ってるかって?

だってよぉ。
ニートもフリーターも、まだマシですよ。
おいらの身近にゃ「サラリーマンなのにニート」(^_^;;って奴がたくさんいるもんでねぇ、そっちのほうが深刻なんだわ。


※おまけ。
(「ニート」の定義は発祥の地イギリスと日本ではだいぶ違ったりするんで、ちゃんと知りたい人はぐぐったり、はてなで質問したりしてみてください)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

がむばれ地元デパート

函館駅前、棒二森屋。
言わずとしれた函館の老舗デパートっすが、いつのころからかダイエー傘下。

で、今回のダイエー再建に絡んで存廃問題が浮上して、ちまたではいろんな噂が飛び交いました。
このたび正式に「当面存続」の方針が打ち出され、東北地方の百貨店グループと統合され新会社として出発することが決まりました。

ほっとしました。
僕は好きなんです。このデパート。
徒歩10数分の地域で育ったというのもあって、小さな頃から思い出もすごく多い。
7階に大きなおもちゃ売り場があった頃。大食堂の食券売り場の行列。窓際に座れた時の喜び。屋上で仲間と語らった中学時代。アネックス館が出来たときの斬新さ。当時の家電製品売り場のきらびやかさ。

往時に比べれば、店員さんも高齢化して、百貨店としてのおもてなしレベルもちょっと落ちてきた気もしますし、売り場もテナントが少なくなって、品揃えも賑わいも落ちてきました。単年度黒字は出してるようですが、売上げも厳しく推移してるようで。

でも、我が家はこれからも使い続けますよ。
デパート系の格のモノを買うときは、棒二で買うようにしてたりしますし。

進むニッポン高齢化社会の先頭を走る函館の街。
商業施設が郊外型のスーパーだらけになったら、きっと自分たちが老人になったときに泣きをみるんです、まちなかではモノを買えないからと。豊かな老人は車を乗り回せるから関係ないとおっしゃるかもしれませんが、車を買ったり維持したり出来ない「豊かじゃない老人」も確実に増えているわけで。
(既にこの街の自動車保有台数は減少に転じています)

だから、まちなかで買い物が出来る拠点をまもらなくちゃならない、と思うんです。
当面厳しい経営を強いられるのかもしれませんが、この街に暮らす人達が、貴重な地域の財産として、このデパートを使いながら守っていくことをほんの少し意識してくれたら、応援団としてはウレシイ限りです。

ガンガレ棒二!

(新聞記事)
http://www.ehako.com/news/news/5899_index_msg.shtml

| | コメント (3) | トラックバック (0)

経営革新

の道険し。

いつもお寄り頂くみなさまには既にご承知の、「ああ、またなのね」的我が社話。
昨日は仕事の優先順位の話でひともんちゃく。
お客様の都合を優先したいと思い、とある職場都合の行事参加を欠席したいと申し出たところ猛反対が。

今日はとある手書き申請書類の電子化提言でもうひともんちゃく。
いろんな面で改善貢献度が大きい電子化は、総論として賛成意見が多いにもかかわらず、具体的に内部や関係先に向けて段取りして欲しいとお願いすると「一部の人間だけ先走られても困る(みんな手間かけて手書きしてるんだからあなたも手書きしなさい)」的見解で当面先送り方針が。

お客様から我が社業務に関するクレームが入っても、具体的な対応策を練るなどいうこともなく。

ほんと、みなさんいったい、なんのためにだれのために仕事してるんでしょうねぇ。

お客様に喜ばれたいと思って仕事をしてると、
社内では喜ばれなくなってくるという、なんともイタイ我が社であります(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠の刑

なんか、ひさしぶりに書いてます。

2週間ぶりの休日が連休で、家事雑事いろいろやんなくちゃならんことがあるにもかかわらず、季節の変わり目だからなのか、はたまた疲れが溜まってるからなのか、ひたすらに眠い。

どんくらい寝たかって、そりゃ~相当寝ましたよ。

3日間毎日子供と一緒に昼寝もしてしまうくらい(^_^;
やろうと思ったことが殆ど出来ずに罪悪感を感じてしまうくらい(^_^;;;

ほんと、忙しい皆様には申し訳ない(^_^;;
気持ちををあらためて、明日からシャバに戻ります。
今週もウィークディの夜は全て埋まってるんで、許しちくりん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »