« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

おたより紹介(1)飛行機嫌い克服法

わかだんなのオールナイトニッポン続いてはこのコーナー。
おたよりたくさん頂きました~。どもありがと。
(・・・・朝起きて読み返したら、ちょっとこのフリってイタイなと。。。^_^;)

まずは北海道のガッツさ~ん。
○意識的にキャビンアテンダントに興味を持ってみる。

なにはともあれオトコはみんなスッチー好きってもんだ~ね。これって制服のせいなんだろうかねぇ。でも隣にカミさんが乗ってたりするとちょっと空気がピリッとしちゃうんだよねぇ。
そういえば飛行機の真ん中くらいの非常口のトコに、スッチーさんと向かい合わせで座れる楽しい席があるじゃない?昔2回くらい座ったことがあってワクワクした経験があるんだけど、この前乗ったエアドゥには無かったねぇ。
エアドゥって離着陸の時に滑走路写したりとかNHKのニュース流したりとかしないんだもんね。イヤホンも座席に無くって希望者だけに配ってたし、マイルはつかないし。さすが格安航空。

つづいて東京都のkomuちゃん~。
○私も冬の吹雪いた旭川空港への着陸を経験して以来、同じです。あんなに飛行機好きだったのに・・音楽をひたすら聞いたりCAとおしゃべりしたりとかは。

そうそう、すげー揺れてる時に外見ると羽がぐらついてたりとかね、どきっとする経験があると嫌になるもんなのよね。おいらなんか、もともとたいして搭乗回数が少ないくせに、
・学生時代に函館上空で2時間旋回して千歳に回されたことあるし、
・はじめて海外旅行に行った香港の帰りの便が機材故障で別便別経由(成田→関空)になって、荷物だけ当初予定の成田に行っちゃったことあるし、
・職員親睦旅行のときは東京が10数年ぶりの大雪で羽田で足止めをくらって、欠航した南紀白浜便から5時間以上待ってキャンセル待ちの関空行きに滑り込んだまではよかったんだけど、空港を端から端へ全力疾走する羽目になり、
・新婚旅行でも石垣に降りる予定が宮古に回されて、1回で済むはずの飛行機に3回も乗る羽目になったし、
・函館空港で起きたハイジャック事件を滑走路の側まで見に行っちゃったし。

そんなだから、とりあえず飛行護ってのをネット通販で仕入れて定期入れに忍ばせてるんだけどね。

でもって最後は北海道のkamomeさーん。
○俺も嫌いなので、なおさなくてもいいのだ。他人が操る乗り物は信用できない...。

これね、DMでもいくつか頂きましたけど、別に克服することは~ないぞと。怖いものは怖いぞと。
他人が操るものは信用ならんってキモチはすげーわかるんだけど、そんじゃー公共交通に乗れなくなっちゃうだよ。
まあでも、これは一番安心の意見ですわ。来月大阪行く用事出来そうだけど、変人と言われようが心おきなくJRで行ってきますよ。

そんなわけでみなさんのお便り引き続きお待ちしてま~す。
そっか、この話題をダシにしてスッチーと仲良くなってみるかぁ~。

てことで一旦コマーシャル、ほいっ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

おたより募集

blogやらmixiから疎遠になってからはや数ヶ月。
仕事的にキモチが物足りなくて、モチベーションも低下傾向。

ということで、みなさんからのお便り募集しています。

1)飛行機嫌いをなおすには。
2)ひまそうに世間話で一日過ごす目障りな同僚達に仕事をさせるには。
3)ホリエモンのやったことであえて褒めることができるものは。
4)函館地域在住の30歳代独身男性情報。

とくに4はおまちしてます。
すてきな30代女性を速攻紹介いたします。

ではまた来週~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

脱サラ

仕事柄、創業支援や新分野進出の話にも関わってます。

そーいう言葉が普及しつつあるので、脱サラってのも死語ちっくではありますが。

脱サラってもそう簡単にいかないのは昔も今もおんなじ。
自営業の親の背中を見て育ってますから、商売の大変さは身をもってよくわかります。

究極を言えば、自分自身だってそういう独立起業願望がないわけでもなくて、何をやりたいのかといえば、この街が明るくなるような仕事を、同じ思いを持つ仲間と出来たらというのは、今もこの先も変わらないんです。

そういう意味で今の職場は職域的には最適なんですが、同じ想いを持つ仲間ってところが一番の難点。
あんたうちの職場にいる意味ないじゃん、という人間が多いし。(逆に、うちの職場以外には通用しない、っていう言い方もあるわけなんですが)

11年もおなじ労働環境だと、人間関係的に限界が見えてきたり、自分で勝手にあきらめてみたり。
ということで、そういう環境からキモチだけでも脱したいと、ここ最近は思考的に「職場内独立開業」を心がけようと思っておりまして。


そう思ってみてみると、つまるところ、サラリーマンだろうが社長だろうが、小さい仕事をえり好みせずにひとつずつ拾っていくのが大事、ってところは同じというのが見えてきます。

あとは、それが収入に直結するかどうかの違いだけよね。

・・・・直結してくれぇ~~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あけまして8日目

ことしもよろしくおねがいします。

つーか、年末年始忙しすぎ。
(欲張りすぎって話しもありますが)
そんな正月休暇でありましたが、笑って過ごせたシアワセなお正月でありました。

2006年もやりたいことをひとつずつ片づけつつ、充実の一年にしてまいります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »