« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

GWはおうち三昧

今年のGWは後半5連休ってことで、遠出にも絶好の暦ですねぇ。

我が家的にはご承知の通り、この春車検2台分費用で30万オーバーしております関係から、今年のGWはおうち三昧で過ごす予定です(過ごさざるを得ない状況です)

今日は昼に友人宅におしかけたのち、帰宅後はおそうじパート1。
まず、新調したホーキ(ホーマックで298円)で玄関先の駐車場の掃き掃除。
カミさんは昨年秋に処理しきれなかった鉢植えの土の処分。
先日の雨風で汚れた玄関ドア・物置ドアの拭き掃除。
冬場に汚れたままの玄関の土間を拭き掃除。
自転車のタイヤに空気を補充。
車のワイパーを夏用に交換。
物置の整理。

・・・・そして事件は起きた。
詳細後日。

ちなみに今日のシメは台所シンクのパイプクリーニング。って粉入れただけですけど(^_^;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

社長に一言もの申す

おいらの好きなテレビ番組のひとつがTV東京系「ガイアの夜明け」。
今日のオンエア「できる新卒を採れ~人材獲得大作戦~」を見てちょいと触発されて、アツ~く長文書き綴っていたわけです。

・・・が。
「戻る」ボタンをミスタッチ。

・・・・文章全滅。

・・・・・・・・・・・・・・書き直す気力無し。

・・・ええい、シンプルに書こう。

○地方都市の企業経営者さん達、このままじゃまともな人材が採れなくなりますよ。
○だって人口学的に見ても、2007年問題って言われてる数年間で大量退職する人の2/3しか、新卒者がいないんですよ。
○そんな状態で、同じ仕事量を維持したまま2/3の人員で回せるだけの経営改善努力はしてますの?
○東京の大手企業が死にものぐるいで人材確保に奔走してるんですよ。
○即戦力なら誰でもいいとか、大卒は人件費が高いからいらないとか、1年も先の採用計画なんて今から立ててられんとか言ってたら、ほんとうに人材が必要な時に誰にも見向きされなくなって、何年後かに潰れてるかもしれませんよ。

つーまーり。

○ほんとうに企業繁栄を目指したいと願っている経営者なら、息子への世襲とか接待交際費部分に経営資源を投入する前に、いい人材を確保するための活動費や人件費に気を配らないと、この先はやっていけないと思いますよ。

というコトを言いたかったのでありました。

なぜって。。
直接社長さん達に面と向かっては言えないから(^_^;マダマダワカゾウデスシ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

異動になりまして

1週間経過。
いきなり全開っちゅーか、5月期日の仕事をいくつか同時に担当することになったもんで、きぜわしい日々です。

毎度の事ですが、異動のしこりってのがぎすぎすして出てくる我が職場。。。いたたたた。

3月末に退職者が2人出て人員不補充なもんで、一人あたりの業務量が増えたのはいたしかたなくて、そこだけで済めばまだいいわけなんですが。。

自分から後任者へ渡す仕事は期末で締めて、モノによっては今期上期分までお膳立てもしつつきっちり段取りしてるっつーのに、前任者から自分に来た仕事の一部は帳簿すら締まってない状態で、持ったばかりの業務の前年度分の事業報告書を作成せにゃならんという。
とある協賛依頼の事業所データを点検してみたらば、歴代担当者の点検不備が積もり積もって200件近いデータ訂正を強いられたり。(・・・名前を間違えたまま依頼状を送りつけてくる団体に、協賛金払う人なんていないのよ。客の立場で考えりゃ瞭然なんだけど、そういう事をイメージ出来ない人がひじょーに多い)

とある集計・報告系庶務は引き継ぐどころか、上層部指示で異動前のまま引きずるはめになり。

てな状態で新年度の部門会議が開かれますた。
部門会議にもかかわらず、とあるプロジェクトを担当する事になった同じ課の人間は参加しておらず。
・・・・・ここがそもそもヘンなのが今回の人事。同じ課だっつーのに席は遠くに離れてるし、プロジェクトの進捗状況とかほとんど聞こえてこないし。課の歓送迎呑み会にも出てこないつもりらしく。
会議自体も、あまり本題に関係ないところで勃発した水掛け論をしらけたかんじで傍聴。


・・・んん・・気にしない気にしない。(いまにはじまったことじゃなし。。)
今期はひとつ与えられたテーマがあるもんで、ちゃんと成果を出せるようにがむばる次第でっす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

朝はまた来る

仲間内に悲しい出来事があって涙しました。
このときの想いを忘れないよう、それだけ書き残すことにしました。

つらいことがあったって、朝が来れば、またいつもの生活が始まります。

いつまでも暗い顔ではいられないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »