« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

お茶の間旅行のススメ

きのうのblogから続く。
抱っこ寝一晩目はけっこう寝不足な感じです。

ソファに腰掛けて腰にクッションを挟んだ状態でナナメに座り、息子を抱っこして寝ます。子供が寝返りを打ちたくなって暴れたら座らせて、また寝返りそうになったら抱っこして、の繰り返し。
早番のママと朝方に交代してパパは遅番で2交代制。みんな眠りが浅いので起きたのは朝10時でした。
自分に至っては眠りの浅さから相当な悪夢を見てしまい、寝不足のせいか頭痛も出てしまって調子が悪く夕方までだらだらと寝て過ごすことに。

子供の日なんですが外に一歩も出ることなく、息子と一緒にいつもより多めにDVDを見て過ごし。

で。
リビングにあるソファで寝てるもんですから、布団も寝室から持ってきてリビングで寝泊まりしてるわけなんですが、これがまたいつもと違う趣たっぷりで、意外と新鮮なんですね。
今日も21時に消灯しまして、テレビももちろん消して、NHKラジオ第一放送なんかを流してみる。
すると、なんということでしょう!気分は昭和30年代にタイムスリップ。あるいは星空満点のキャンプ場のコテージの如く。
子供もなんだかテンションが高めで妙にニコニコしてるし、布団に入ったママも「いや~なんだか楽しいね!」と笑い、「明日は2Fで寝ようか~」なんて盛り上がってみたり。

こーいう状況下でも楽しめる我が家はとても幸せなんだなと思うのであります(^_^;;

安くて楽しいお茶の間一泊旅行、みなさんにもオススメいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパにできること

予告通り質素なGWを過ごしております。

3日は大学の同窓会の先輩の家におじゃまして、同じ歳の子供同士を遊ばせつつのんびりと。
4日は高校同期のdaisei君ご一家を迎えてランチパーティをひらき、これまた子供同士遊ばせつつ和やかに過ぎておったわけなのですが。

ここ数日息子の鼻水がとれずに、この日はだんだん咳もついてきて、呼吸もひゅーひゅー言うようになってたので、ご一家が帰宅しておちついたタイミングで休日当番医の小児科へ連れて行くことに。

診断:仮性クループ(急性喉頭炎)
治療:抗生剤の投薬。数日安静にすること。睡眠時の呼吸困難を避けるため2~3日抱っこして寝ること

・・・ただの風邪ではなかったのね。。元気で熱もなかったのでパパ達は油断してました。
子供もたしかに呼吸が辛そうなので、夫婦でかわるがわる抱っこしてねることとしました。

子供っちゅーのはわかりやすいもんで、心身がネガティブなときは「ままー!」攻撃で、ポジティブなときは「ぱぱー!」攻撃。ここ数日は「鼻水とってあげる~」「牛乳入れてあげる~」とご機嫌を伺ってみても、パパのやることは受け入れて貰えなかったりしまして。なんか寂しいですけど、そのぶん仕事が増えるママに感謝しつつ。


daiseiご一家様、そんなわけでおこちゃまの経過はちょっと気を付けて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »