« 正直に働く | トップページ | 正しいことをしたければ偉くなれ »

事件は現場で起きてるんだ

年末、仲間と飲みに行った屋台村「大門横丁」の焼鳥屋で、海外からの旅行客と小一時間ほど交流する機会がありました。

相手は、シンガポールから家族4人でやってきた施さん一家。
37歳という施さんは機械メーカーの常務取締役(あとで名刺の肩書きを調べて判明^_^;)で、年末年始休暇を利用して11日間の日本旅行。特に奥様が北海道の冬にすっかり魅せられたようで、5年連続の来道なんだとか。成田を経由して千歳入りして、札幌・ニセコと回って函館にやってきたとかで、函館は初めてとのことでした。

もちろん最初に驚いたのは彼らのゆとりっぷり(年齢的にも金銭的にも時間的にも^_^;)なのでありまして、よくよく聞けば生後2ヶ月の赤ちゃんを国に残してのバケーションらしく、なかなかできるもんじゃないです。お国柄とでもいうのでしょうかねぇ。。

それにしても、ディナーにもかかわらず、居酒屋やら寿司レストランじゃなくて何故に屋台村・・・と思って聞いていると、やはり少しでも日本らしさを体験して帰りたいというのが旅心らしく、焼き鳥のメニューの話なんかも交えて、こちらのカタコト英語もなんとか伝わってくれている様子。

終盤、明日は函館フリーなのでドコがお勧めかと尋ねられ、お店に置いてあった函館のガイドマップを見せながら、あれやこれやと観光スポットの宣伝をしていきます。
・・・といって見せている地図には英語表記がありません。英語版のマップは別に製作してあったはずですが、こういうときに限って流通量の少なさが裏目に出ます。彼らは華僑系なのでなんとか漢字のイメージで解ってくれたようなのですが、そのもどかしいことと言ったら、地図を破り捨てたくなるくらい(^_^;

温泉に入りたいという彼らに温泉を紹介しようにも、湯の川温泉で日帰り入浴可能なホテルの情報が地図に書いてあるわけでもなくすぐに調べられるものでもなく、かといって温泉銭湯を紹介できるほど地図や道案内や利用方法が外国語に対応できているわけではなく。

街なかの施設や道路の看板、公共交通の案内、どれをとってみても、国際観光都市と言うにはまだまだ恥ずかしいレベルでしかありません。彼らのように、日本人のハートを感じ取って楽しんでくれる観光客ならまだしも、チャーター便でアジア地域から10万人以上もやってくる街に、英語はもちろん、ハングルも広東語も北京語も、とにかく少なすぎる。そんなことを痛切に感じさせられるわけです。

で、それを増やして変えていくのが私達の仕事であるはずなんですが、現場レベルじゃなかなか簡単にいかないのが辛いところ。トップセールスとか言って海外に出向いて大々的に宣伝してくることももちろん大事なことなんですけど、それを一回削って捻出した事業費で、相当数の地図や看板やステッカーの整備が出来るということを、私達下っ端はがんがんと主張して行かなくちゃならんなぁと、思いを強くしたのでした。

・・・施さん、来年も函館に寄ってくれるかなぁ。

|

« 正直に働く | トップページ | 正しいことをしたければ偉くなれ »

コメント

おひさ。

あんまりブログばんのやけれど、久々に覗いてみました。

台湾、韓国、中国・・・函館も海外観光客急増しているにもかかわらず、各種案内板表示板や観光パンフでの表記が乏しいというの、僕も函館戻ったときに感じました。市内のお店によってもいち早く対応しているところと、まったくそうでないところの差が歴然としていて自治体の対応が遅れているのかなぁなんて思ったり。

知ってると思うけれど、福岡なんか行くとこのあたりはものすごく充実していて、道路看板、案内板に至るまで全て英語・韓国語・中国語三ヶ国語表記完璧になされていて、このあたりは国際観光都市としてやってきた福岡の実力を見る思いです。というか、九州は地理的に中国韓国に近く、以前から観光客も多いので、このあたりの対応は万全なんだろうね。

投稿: kassy | 2007.01.09 10:52

はじめまして。こちらの記事を拝見させていただいて、あ、確かに、と思いました。英語のガイドマップを見ると、本当にがんばって作ったのがわかりますが、いったいどこにおいてあるのかわからなければ役に立ちませんよね。

と、いうわけで英語表記の地図・パンフレット情報をブログ記事に載せました。外国の方、外国の方を受け入れる函館の方に知ってもらえればと思います。

投稿: 函館善意通訳会 | 2007.01.19 10:43

善意通訳会さん、有り難うございます(^_^)
blogがあるのは知りませんでしたから、以後びしばしとPRさせて頂きます。

外国人観光客の裾野って、すごーく広がってるんだなというのが今回屋台村の件での実感です。ちょっと前は団体行動で温泉・夜景・タワー。でも今は相当フリー客がいます。朝の通勤途中に昭和橋から台湾とおぼしきグループが市電に続々乗り込んでくることもあります(たぶん裁判所前のホテルに泊まっていると思われ)

この街ではまず、善意通訳会さんの存在をもっと知って貰いたいと思うし、自分の思いとしてはその次に、皆さんの通訳事業を善意じゃなくビジネスで受けられるよう、仕組みを整えられたらいいのになー、と思っていたりもします。

投稿: わかだんな | 2007.01.22 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/13398075

この記事へのトラックバック一覧です: 事件は現場で起きてるんだ:

» 国際観光都市? [ブログ 函館のニュースな出来事。とか。]
ちょっと考えさせられたブログ記事をご紹介。 ■事件は現場で起きてるんだ シンガポールからやって来たという観光客に観光案内をしようにも、それに対応する地図やパンフレットがなくてとっても困ったというお話。 確かに、函館の街を歩いていて英語や中国語、ハングルを目にすることはまだまだ少ないですね。 「熱烈歓迎!」の文字が掲げられているお店などは結構目にするようになりましたが、本当に必要とされているのはもっと細かな情報でしょうし。 もう何年も前から函館ではアジア系外国人観光客を多く目... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 20:23

« 正直に働く | トップページ | 正しいことをしたければ偉くなれ »