« オールドファッション | トップページ | 旅立つ人残る人 »

お家がら

少し前、じいちゃんの代理の代理で親戚の結婚披露宴に出席。

 じいちゃんの代理はオヤジで、その代理ですから、自分から見ると随分遠い親戚です。新郎はオヤジのいとこの子供だから、自分の「はとこ」になるわけですね。数字に直すと6親等・・・遠いですねぇ。同世代なのに会ったことも話したこともない人のお祝いの席は、同じテーブルに話せる親戚がいない緊張状態で開宴です。

 型どおりに挨拶から祝宴に入り、ややリラックス。右隣は新郎の一番上のお兄さんでしたが、祝宴に入るとすぐいなくなり、最後まで戻ってこない(^_^;左隣はちょっと知りあいのおじさんでしたが、世間話が持続したのが20分、その後はひたすら食べ続ける1時間半(^_^;;

 話すことがなくなると、あとは人間ウォッチングで過ごすのみ。
 もともとここの家は資産家なんだとかで、新郎父のキャラクターがまた際だって豪傑なんであります。ステージに立っただけで喝采が上がり、一言喋っただけで笑いが起きる。こりゃたぶん歓楽街でこの父さんの名前を知らない人はいないんじゃないかという位のキャラです。兄弟親戚のはしゃぎぶりを見ても、仲の良さが際だってるなぁと。これまでずいぶんたくさんの披露宴に出てますし、披露宴が明るく楽しい場なのは当然なんですが、親戚達の振る舞いを見ていると、家柄の違いを感じてしまうというか。

 こういう感覚ってご理解頂けるかどうかはわかんないですが、一言で言えば「いちおうボクも親戚なんですケド・・」というような(^_^;どう考えてもこのはしゃぎノリ、ウチの側の親戚には絶対ありえないし。

 血筋が変わり代も替わり、家柄が出来ていく上では、やっぱりそのおうちの父ちゃんの影響力ってのが大きいもんだと思ったわけで、そいじゃわが家はどんな父ちゃんを目指そうかなと。ちっちゃいことを気にしなくてもよい豪傑資産家とは違って、ふつうのわが家は日々ちっちゃな悩み事がぐるぐるしてますから、「なんとかなるさぁ」が合い言葉の、のほほんとしたおうちにしていきたいもんです。

|

« オールドファッション | トップページ | 旅立つ人残る人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/14604070

この記事へのトラックバック一覧です: お家がら:

« オールドファッション | トップページ | 旅立つ人残る人 »