« システム管理者 | トップページ | クレームを楽しもう »

ビジネスにも愛は必要。

ちょっと続き。

そんな自分の状況・・・すなわち担当業務+システム管理業務、というバタバタの仕事ぶりが、ここにきて上役の誰かの目にとまったようで。

先日の管理職会議のその他案件に、「奴の負担を軽くしてやることを考えろ!」との指令が出たらしく(^_^;

会議後急遽、管理職数名に呼ばれ打合せ。
現況について簡単に説明し、今後の対応について話し合いをします。

現況の前提には「カネがない」という問題があります。
前に書いた、本社-出先間のVPN構築にしたって、システム会社に外注する人件費15万には決済が降りなかったってことで、自分で施工。
PCの起動トラブルだって、外注すれば作業費に数万円かかるのは必須ですが、(現に、PCのキーが一つだけ壊れて頼んだ修理依頼で、出張施工費として3万も取られるのが業界の掟)自分でやれば残業代程度。

人に頼めば当然金がかかる。で、その金は出せない。だから自前でやる。
それだけのことなんですが、自前で対応出来る人間が内部で自分くらいしかいないというのも大きな課題なのでありまして。

自分もシステム管理者10年以上やってますから、ひとつ前の記事に書いたとおり、そろそろ後任(後輩)をきっちり育てたいし、現段階で適した後任が不在なら、新卒でも中途でも採用した上で担って貰いたいというのは本音。中途半端な引き継ぎでは意味がないわけで、それこそ「システムがダウンしたときの責任は私がとります」というくらい、自覚を持って臨んでくれる後任者じゃなければ引き継ぐ意味もありません。

言うまでもなく、この業務分野においての適性は「好きであること」が理想です。好きでなくちゃ、これだけ幅広い&奥深い関連知識を吸収していくことは出来ないとも思います。

で、それってシステム管理業務に限らず、仕事って愛情を持って臨めば、なんでも知ろうと思えるし、良い仕事をしようっていう心がけにも繋がってくる。。。のではないかなぁと。

まあ、仕事に愛情は関係ないだろっていう人もいるでしょうし、愛=思い込み的な要素だけでも困りますが、ただただビジネスライクというよりは、仕事に愛情を持って取り組むことで、もっと仕事が楽しくなったり良い成果に繋がったりするような気がするわけです。

逆の見方をすると、どんな事でも仕事に熱心な人ってのは愛情深い人、と言えるのではないかなーというのが、ワタクシ的法則なのであります。

|

« システム管理者 | トップページ | クレームを楽しもう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/15180542

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスにも愛は必要。:

« システム管理者 | トップページ | クレームを楽しもう »