« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

若者たちへ、息子たちへ

あえてここではPRはしてなかったんですが、今日は司会という名のコーディネーターを務めてきました。

イベントの名は、「展覧会 縮小する都市の過去・現在・そして未来」~縮小は再生の好機~。
急速に縮みゆく地方都市・函館を過去から今まで振り返り、未来に向けてみんなで街の再生をイメージしたり考えてみたりしようという催し。
様々な企画ある中のひとつとなったトークライブ第1部は、街に向けて様々なアクションを起こしている学生達の取り組みを披露して頂き、互いに函館の未来を語ってみようという趣旨です。
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/1_4b88.html

タイトルすら無かったパネルディスカッションに、blog担当者さんがあとから「若い世代が考えるハコダテ再生とは?」というタイトルを付けてくれました。
(ライブの様子1)
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/1_c24b.html
(様子2)
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/post_e220.html

ライブの模様は地元ケーブルテレビでも放送してくれるとのこと。

私達の議論に、のべ約80人もの人達が耳を傾けてくれたようです。お話を聞いて下さった皆様、どうもありがとうございました。

僕が若者達に向けて語ってきたことは、実はこのブログに全て書いてあることでした(^_^;;
書き続けて3年たったこのblog、年月と共に自然と深いところに埋もれていく自分の想いを、掘り起こしてお話させてもらいました。

今日のパネリストの学生達は、それぞれが凄い子達です。
でも僕や、今日のあの場にいた人達の大半も気が付いているであろう事があります。
あの場にいた子達は、この街の若者の0.0数%でしかない、ある意味特別な位置にいる子達だということ。

この街の多くの若者が、この街になんとも思っちゃいなかったり、つまんないって思っている。
そうじゃないじゃん、自分次第で面白い街に出来るじゃん、という言葉も、なかなか通じない。
夢を語る人が浮いてしまうということもよくある。

だから今日は、小学校4年の女の子に、自分の想いを託しました。
「あなたが活動を通じて感じたこと、楽しかったこと、大事だなと思ったこと、函館の街のことを、友達にどんどん話していってほしい」と。
幼い頃の街との小さな関わりが、どこかで自分自身の問題意識になって、大人になった時に、行動を起こすモチベーションに変わっていってくれることを信じたいし、願っています。


で、もうすこし成長したあとの息子たちにも、もちろんこうやって語っていきたいわけですが、そーいうときに対話が出来る親子関係をちゃんと築いていくことが、休日留守がちお父さん的には一番の課題です(^_^;

======
【学生達のとりくみ紹介】
■Hakodate Slow Kids:「ハコダテ・スローマップ」をつくっている小中学生グループ
http://www.kanshin.jp/hakodate/index.php3?mode=keyword&id=743389

■立教大学観光学部2年 中村拓也さん
保存か解体かで揺れる函館どつくの大型クレーンの行方に興味を持ち、春から映像取材したドキュメンタリー作品『誰が港を見守るか』
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/post_f66d.html

■北海道教育大学函館校4年・まちワーク研究室 青柳雅也さん
「みんなの街角地図プロジェクト」の紹介。さまざまな人々の地域に対する想いを集め共有、市民の声をまちづくりに反映させる。
http://www.machi-work.org/

・北海道大学水産学部3年・(株)トライワッカ北海道社長 茂呂信哉さん
ベロタクシーという社会貢献型ビジネスモデルを通して実現したいこと。
http://ameblo.jp/velotaxi-hokkaido

■慶應義塾大学環境情報学部2年・加藤文俊研究室 市川友美さん
都市社会学のフィールドワークとして函館を探索、その成果を市電の「中吊りギャラリー」として発表。
http://vanotica.net/hakop1/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

住宅ローンお抱えのみなさま必見。

今日仕事系のMLに書いたネタを、お仲間の皆様にも知らせなければと思いつつカキコミ。

税制改正で、今年から住民税ががっつし上がっているのはみなさんもご承知の通り。
さらに定率減税率が0%になっちゃいましたので、結果的に今年の年末調整や確定申告後の所得税額も上がってしまうわけです。

さてここで住宅ローンをお抱えの方々。
正確には、平成11年から18年のうちに住宅ローンを組まれた方っすね。

これに該当するみなさまのほとんどは、年明けすぐに、しかもこれから毎年「ある手続き」を行わないと、税金が取られ損!になってしまいます。

・・・そうならないよう、まずはおさらいをひとつ。

みなさんは住宅借入金等特別控除(以下住宅控除と書きます)によって、これまでは所得税が大幅に軽減されたり、あるいは0円になったりしてるわけですが(我が家も0円です^_^;)、税制改正によって、所得税そのものが安くなってます。
たとえば同じ年収・家族構成だとして、昨年(H18)の所得税が10万円、住民税が5万円だった人は、今年(H19)は所得税5万円、住民税10万円になります(※1)。
で、仮に我が家の場合だとすると、昨年は10万円(A)が控除されて0円。今年は5万円(B)控除されて0円。

んん??0円は0円でも、なんかオトク感が半減している。。。
そですよね、住民税を含めた税負担合計で見ると、昨年は5万円で済んだのに、今年は10万円になってしまっているっ!

そです。ここが今日のミソでございます。

所得税と一緒に住宅控除分も減額かよ!と突っ込まれないよう、国は救済措置を用意しました。昨年(税制改正前)の所得税率による税額(上の例だと10万円)から、今年(改正後)の税率による税額(5万円)の差額分、つまり上の場合であれば5万円分(※2)を、住民税からも引いてあげよう、という措置です。。。。。がっ!

これがいわゆる、どっかの国の年金制度でおなじみの「申請主義」ちゅう手続きで、税務署も市役所も「手続きが必要だよ」と通知してくれるものじゃないわけです。だから、借りている人自身が制度を理解して手続きしないと、軽減されるはずの5万円を自治体に寄付しちゃうことになります。しかも毎年。

手続きに必要なのは「住宅借入金等特別税額控除申告書」。これを3月15日までに居住地の自治体に提出します。これ、住宅控除の期間内は毎年出さなくちゃならんのでご注意を。

用紙は各自治体で配布するそうですが、これも全国各地で対応がバラバラ。進んでいる自治体は既にホームページで広報してたり、ダウンロードまで出来るようになってますが、函館市・北斗市・七飯町にはまだ情報がみあたりません。

まあ、自治体にしてみりゃ、仕組みを納税者に知られないほうが収入が増えてトクになるんでしょーけど、国が勝手に制度を変えておいて、知らない人間が損をするという仕組みは、いい加減なんとかならんもんなんでしょーかねぇ。

ということで、皆様忘れずにお手続きを。
読んだだけではすっきりわからないなー、というご近所の方は、お呼び頂ければプライベートでプチ講習会なぞ開きますので(^_^;ぜひ主婦仲間お誘い合わせの上お声掛け下さい。

ちゅーことで、これも仕事の一部だったりするので(^_^;気兼ねなくどーそ。


※1 定率減税廃止は計算に入れてませ~ん。
※2 もちろん、住宅控除可能額(住宅ローン残高×控除率)がそれ以上あるのが前提です。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

ウォームビズはじまる

ウォームビズが始まるってことは、職場が寒くなるってことです。
今日は初日だったんですが、いやー寒かった。おとといユニクロで慌てて買ったカーディガンを羽織ってましたけど、底冷えして足下が辛いことといったらもう。

22度設定のエアコンは本日一度も稼働することなく。。。
ってねぇ、今日の函館は正午も氷点下でしたよ。。。
人の発する熱なのかなんか知りませんが、今日は温度計も21.5度を下回ることがなかったらしく。

うちの同僚も言ってましたが、我が社は営業中は廊下に向けて常にドアを開放してる職場なんだから、せめてドアは常時閉めるような措置をしないと、この施策も根本的には解決しないのではないかなーと思うわけなんですが、なかなか実現も難しそう。

たしかにこれで暖房代が毎日1万円以上節約されてて地球温暖化には貢献してるわけなんですが、そのせいでこっちが風邪引いた時は、結局自己責任になっちゃうってのがよくわからんところだったり。

いよいよ今年はモモヒキ復活かしらん。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アンジェラアキのライブ。

いやー、滲みました。
ひさびさ音楽で泣きそうになりましたなー。

今年は既に2度、チケットを押さえてたライブをドタキャンする羽目になってましたから、「2度あることは3度ある」か、「3度目の正直」かどちらか、カミさんとハラハラドキドキしつつ会場入りし、席についたとこで任務完了(^_^;
開演からアンコールまで2時間40分、あっという間に過ぎました。もっと聞いてたかった~。

お客さんもまた、なんだかいい雰囲気なんですよね~。ピアノ&ボーカルという彼女のスタイルのせいなのか、はたまた遅咲きのアーティストってことも理由なのか、客層も30~50代まで幅広く、男女比もちょうどいいくらい。歳なわりに盛り上がるところは盛り上がり(^_^;、ステージも客席もいい空気感でした。カバーコーナーで爆風スランプを選曲した彼女と一緒に絶唱出来るあたりが同世代の強みだったりするわけですが、大人層が多いってことで知り合いもうじゃうじゃ(^_^;

にしても今回3度目の正直を実現させて頂くにあたり、子ども達をそれぞれ預かってくれたお宅には感謝感謝なのでありました。期せずして久しぶりのカミさんとのデートにもなりましたし(^_^;

週末もDVDで余韻に浸ってた我が家でありました。今回は未就学児入場不可だったもんで、今度はなんとかかんとかして子ども連れて行くぞうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やや片づき始める。

月イチ月記状態になってきてますが。
なんとかかんとかしのいでおります。

仕事も昨日一つ峠を越したとこで、月末の2つめの山までは淡々と。
今日で歯医者も終わりましたし。

消化不良のまま放置プレイになってた情報やらメモやらも、だいぶ文章化できつつありますが、先月の視察報告はまったく手が着いておらず。
そのあいだ、たった1ヶ月のうちに2度も変な菌にやられ、特に2回目は家族全員熱は出すわ吐くわ体じゅう痛くなるわでさあ大変、プライベートの札幌行き予定もキャンセルし。

更に更に弱っている時は家まで弱るらしく、玄関ポーチの電球は切れ、寝室のナツメ灯も消え、DVDレコーダーは壊れ、雨風で表札の字もかすれ。。。

まーそういう諸々もなんとか落ち着きを見せつつあります。
そろそろバイオリズムも回復してくれないと困りますしねぇ。今週はアンジェラアキin函館市民会館っすから、テンションアゲ♂アゲ♂で行ってくるっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »