« 住宅ローンお抱えのみなさま必見。 | トップページ | 今年も映画祭スタート。 »

若者たちへ、息子たちへ

あえてここではPRはしてなかったんですが、今日は司会という名のコーディネーターを務めてきました。

イベントの名は、「展覧会 縮小する都市の過去・現在・そして未来」~縮小は再生の好機~。
急速に縮みゆく地方都市・函館を過去から今まで振り返り、未来に向けてみんなで街の再生をイメージしたり考えてみたりしようという催し。
様々な企画ある中のひとつとなったトークライブ第1部は、街に向けて様々なアクションを起こしている学生達の取り組みを披露して頂き、互いに函館の未来を語ってみようという趣旨です。
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/1_4b88.html

タイトルすら無かったパネルディスカッションに、blog担当者さんがあとから「若い世代が考えるハコダテ再生とは?」というタイトルを付けてくれました。
(ライブの様子1)
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/1_c24b.html
(様子2)
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/post_e220.html

ライブの模様は地元ケーブルテレビでも放送してくれるとのこと。

私達の議論に、のべ約80人もの人達が耳を傾けてくれたようです。お話を聞いて下さった皆様、どうもありがとうございました。

僕が若者達に向けて語ってきたことは、実はこのブログに全て書いてあることでした(^_^;;
書き続けて3年たったこのblog、年月と共に自然と深いところに埋もれていく自分の想いを、掘り起こしてお話させてもらいました。

今日のパネリストの学生達は、それぞれが凄い子達です。
でも僕や、今日のあの場にいた人達の大半も気が付いているであろう事があります。
あの場にいた子達は、この街の若者の0.0数%でしかない、ある意味特別な位置にいる子達だということ。

この街の多くの若者が、この街になんとも思っちゃいなかったり、つまんないって思っている。
そうじゃないじゃん、自分次第で面白い街に出来るじゃん、という言葉も、なかなか通じない。
夢を語る人が浮いてしまうということもよくある。

だから今日は、小学校4年の女の子に、自分の想いを託しました。
「あなたが活動を通じて感じたこと、楽しかったこと、大事だなと思ったこと、函館の街のことを、友達にどんどん話していってほしい」と。
幼い頃の街との小さな関わりが、どこかで自分自身の問題意識になって、大人になった時に、行動を起こすモチベーションに変わっていってくれることを信じたいし、願っています。


で、もうすこし成長したあとの息子たちにも、もちろんこうやって語っていきたいわけですが、そーいうときに対話が出来る親子関係をちゃんと築いていくことが、休日留守がちお父さん的には一番の課題です(^_^;

======
【学生達のとりくみ紹介】
■Hakodate Slow Kids:「ハコダテ・スローマップ」をつくっている小中学生グループ
http://www.kanshin.jp/hakodate/index.php3?mode=keyword&id=743389

■立教大学観光学部2年 中村拓也さん
保存か解体かで揺れる函館どつくの大型クレーンの行方に興味を持ち、春から映像取材したドキュメンタリー作品『誰が港を見守るか』
http://nextdesign.cocolog-nifty.com/npokobo/2007/11/post_f66d.html

■北海道教育大学函館校4年・まちワーク研究室 青柳雅也さん
「みんなの街角地図プロジェクト」の紹介。さまざまな人々の地域に対する想いを集め共有、市民の声をまちづくりに反映させる。
http://www.machi-work.org/

・北海道大学水産学部3年・(株)トライワッカ北海道社長 茂呂信哉さん
ベロタクシーという社会貢献型ビジネスモデルを通して実現したいこと。
http://ameblo.jp/velotaxi-hokkaido

■慶應義塾大学環境情報学部2年・加藤文俊研究室 市川友美さん
都市社会学のフィールドワークとして函館を探索、その成果を市電の「中吊りギャラリー」として発表。
http://vanotica.net/hakop1/

|

« 住宅ローンお抱えのみなさま必見。 | トップページ | 今年も映画祭スタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/17189877

この記事へのトラックバック一覧です: 若者たちへ、息子たちへ:

» サイト/ブログでのご紹介(追記あり) [npo-kobo:blog]
今回関わって下さったスタッフの方々、あるいは来場者の方々のウェブサイトやブログへ [続きを読む]

受信: 2007.11.30 23:15

« 住宅ローンお抱えのみなさま必見。 | トップページ | 今年も映画祭スタート。 »