« 東国原君 | トップページ | 資産価値を見直す »

縁は異なもの味なもの

世の中狭いわー、という話が増えてきた。
身近かつ究極の狭さを感じたのは、妹の結婚相手が、ウチのカミさんが札幌在住時代に働いていた職場の同僚だったことだし(笑)

函館市内あちこちで知り合いに会うのは驚きもしなくなってますが、
札幌出張のときに大通の郵便局でいとこと出くわしたり、札幌駅で大学の先輩と出くわしたり、すすきのの居酒屋で知り合いの北海道新聞記者と出くわしたり。
昨年なんかは函館の僕のところにディレクターと共に取材に来た青森テレビアナウンサーの田中栄子さんが大学のサークルの後輩だったり、それだけにとどまらず、二人と2ヶ月後、出張先の八戸市の中心部でばったり出くわしたり(向こうも出張中)
書類を届けに道庁(渡島支庁)に行き、訪問先の部署の一番手近な人に声をかけたら高校の同期だったり。

年に数回はこんなことが起こります。そして今年も早速そんな話が。

自分のかつての同僚に、寿退社されたYさんという女性がいて、そのお相手の銀行マンK君ってのがたまたま自分と同い年で同じ大学出身。そういうご縁から大学の函館同窓会でも良く飲み、仕事でもお世話になり。
そのK君は昨年東京へ転勤。年賀状が届いて元気にやってる様子を知った1月の末、沖縄出張から帰宅するやいなやK君から携帯に電話が。
「不思議なご縁があって、いま君の同級生と呑んでたんだよ」と、代わって電話に出たのは高校の同級生の林君。ひさしぶりの再会電話となりました。

どんな経過でK君と林君が出会ったのかはよくわからないんですが(^_^;林君はいつのまにか出世して、北海道のプロバスケットボールチーム「レラカムイ北海道」の運営会社「ファンタジアエンタテイメント」の常務取締役になっておりました。

彼のブログには「勇気と元気で、多くの人の喜びと感動を作ることが人生の指針」と記されてあります。
ブログはこちら。
「ハヤシイズム」http://hayashiism.exblog.jp/
熱い思いを持った奴ら同士、繋がっていくように出来てるんでしょうかねぇ。

35にもなると、同級や同期だった仲間が次々と世に出てきて、いろんな立場で活躍してます。
高校の同期たちをざばっと見ても、
○楽天副社長ののち公立中学校長を歴任された本城君のblog
○サラリーマンであり音楽家でCDも出してる佐久間君のblog
○トレンドマイクロにいてて本書いたりもしてる船越君の記事
とか。このあたりはさすがにちょっと「アタマ一つ抜けた」奴らですな。

もちろんそういう奴らばかりではなく、
minor records blog
pierre blog
freekbass blog
てな、生活感のある楽しい同期達もたくさんおります。

マスコミで働く仲間達なら、伝えること自体を仕事にしてるわけですが、そうでない仕事をしていても、人の役に立つことを実践したり、感動を伝えようとしている仲間が自分のまわりにはたくさんいてて、そういう境遇もまた、自分を奮い立たせる力になっている次第です。

|

« 東国原君 | トップページ | 資産価値を見直す »

コメント

世界が狭いっていうのはよくわかります・・・。
意外に遠いようで近い関係にあるのって身近にすごくありますよね!

投稿: haro@旭川雪祭り | 2008.02.27 21:56

こんにちわ、興味津々ブログですね。
人生まさに十人十色、人間の価値など、誰も値踏みできません。ドンマイ、ドンマイ。
これからもヨロシク御願します。

投稿: supreme | 2008.03.02 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/40211701

この記事へのトラックバック一覧です: 縁は異なもの味なもの:

« 東国原君 | トップページ | 資産価値を見直す »