« ポイントの魔力 | トップページ | 縁は異なもの味なもの »

東国原君

今日は風邪で有休とりました。
子どもが持ってきたらしい風邪菌で先週から家族順番にやられていく中、自分だけは罹るまい(オトナだし)という変な自信も脆く崩れ、昨夜から突如発熱、なんとか下げて落ち着きつつあります。

横になりながらぼけーっと見てたのが昼のワイドショーで、道路特定財源を巡る東国原知事と菅代表代行の論戦が繰り広げられておりました。

東国原知事をすげーなーと思えるのは、とにかくわかりやすい言葉で語るということ。

自分も仕事がら人前で話す機会も時間もそれなりに多くなってきているのですが、常に気にしているのが、わかりやすく話せているかどうか。
仕事仲間は「充分わかりやすいと思うけど」と言ってはくれますが、「難しそうに聞こえる話題でも興味を持って貰えるように話す」ことはまだ技術不足。

この道路特定財源にしても、税率の維持か廃止かだけが注目されていて、その背景にあるものはまだまだ光が当たっていない。今日の論戦はそういう部分もきっちり触れていたりします。

今日のパネリストは民主党VS都道府県知事でしたが、利害関係者の論点は
○暫定税率維持・撤廃
○撤廃された場合の道路財源
○地方予算への配慮
○一般財源化
○道路整備ルール

てなあたりでしょうか。

菅代行曰く、こういう政局になったからこの問題も論議出来るようになった、とのことで、確かに与党安定政権では注目すらされない議題だったかもしれず、その点での効果は大きいかと自分も思います。

にしては、これだけの議題を一緒くたにして議論するのもまた大変。
一般財源化などは暫定税率問題と切り離して議論すべきなのに、ごちゃごちゃになってるし。

僭越ながら自分としてはこう考えるわけで、

○世論調査では暫定税率廃止派が圧倒的ですが、自分は維持派。ガソリン代が高いのは辛いし、地方は車がないと困る事も多いけど、個人的な思いでは、未だに高速道路の無い30万都市の住人という立場でもあり、公共的な思いとしては、一般財源化するのではなく「交通特定財源」として、収益性の問題から維持が難しい過疎地の公共交通の維持が図られて、住民がその地域に住み続けられるよう、再構築するのがいいのではと考えます。

○ガソリンが高くなったから暫定税率を廃止すれば楽になるというのは安易すぎで、本当ならばガソリンが高いことを自分たちの生活改善にどう結びつけるか(近所なら歩くとか、コンビニで買い物中もアイドリング止めるとか、公共交通が使える環境なら使うとか)を考えて実践するのが本来の消費者の姿だと思ってます。先行きの明るさがあまりない当世、便利さに甘んじない姿勢を持つのが大事ではと。

○もちろん東知事も菅代行も言うように、道路整備のルールはきっちりと、わかりやすくしてほしいとこです。なぜ函館には未だ高速道路がないのか、東知事も「巷間それは政治力のせいだ」とは言ってますし自分もそう思いますが、政治力ありなしに関わらず、多くの人が納得できるものを作って欲しいです(すでにそれに近いものは存在してますが、確固としてなくて、まだ力関係も作用しているようですし)、良い機会なので。

○未来永劫維持派ではありません。人口は減りはじめたから車も減る。誰もが納得行くレベルまで整備が進んだのなら、廃止は当然です。高速道路であれば今はまだ未整備な地域、峠越えや20万都市圏、国が責任持って、必ず整備しなくてはと思います。

TV見ながらそんなことを考えつつ。

東国原知事に惹かれるもうひとつの理由は、自分と卒論指導教官が同じ先生だったということ。
自分と同じ思いを持って勉強してたんだ、ということの証ですから。

|

« ポイントの魔力 | トップページ | 縁は異なもの味なもの »

コメント

っていうことは、東国原君はゼミの後輩と言う事ですか?

投稿: ガッツ | 2008.02.20 19:07

保育園、幼稚園のお子さんが持ってくる風邪菌は
各地の風土病(?)がミックスされた強烈な
ウィルスなので危険ですよね。

難しい事は分かりませんが、安易な発想で暫定税率を
廃止するのは後々困る事になる気がします。

投稿: 三代目 | 2008.02.20 22:37

三代目さん:
いやほんと、子どもが貰ってくるのはたちの悪い菌が多すぎですわ。。歳と共に治りも悪くなってますし(^_^;

ガッツさん:
うちの学部はゼミってのがないもんで、4年の時に卒論指導教官を選択する仕組みになってて、個別に指導を仰ぐです。締め切り間際は教官のトコに学生が通う機会が増えてゼミっぽい雰囲気も出てきますけどね~。

投稿: わかだんな | 2008.02.21 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/40188704

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原君:

« ポイントの魔力 | トップページ | 縁は異なもの味なもの »