« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

macユーザー各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

って、よろこんでなんていられない出来事が。

我が家とmacのおつきあいは、1992年に大学生協で買ったPowerBook180cから始まります。
就職後はThinkpad併用になりますが、結婚後はカミさんがデザインの仕事をしてることもあって、2001年にPowerMacG4-733(QS)を導入。くわえて今年2008年1月には、リビングの37インチ液晶TVにつなげてあそんでみようということで、ヤフオクでMac mini MA206J/A(CoreDuo1.66)を仕入れました。

macminiはitunesやらyoutubeやらおもちゃになってくれてるんですが、macのブラウザが著作権管理機能をサポートしてない関係で、せっかくの大画面TVなのにgyaoとかyahoo動画が見られないってのがイマイチなところ。yahooスポーツでは日ハムなんかのパリーグの試合をネット中継したりしてるんですが、これも見られないし。

てなあたりの話はたいした問題ではなく、おとといもっと大きな問題が発生。うちのカミさん使用のG4から、ヤフオクの出品が出来なくなったという訴えが。

事情を聞くと、9月10日付けでヤフオクの出品システムが変わって入力フォームも改変されて、写真を登録しようとする画面の登録ボタンが別のコンテンツに隠れてしまい、うまく動かなくなってしまったという話。

早速調べると、いまの環境(OS10.3.9+Firefox2)はサポート対象外だということがyahooの説明ページに書いてある。。。で、それをカミさんに説明。

「困る~。死活問題なのっ!」

・・・ダンナの稼ぎが悪いので、カミさんはヤフオクで日々の生活費を補填(^_^;;という状況であるからして、出品が出来ないイコール収入途絶ということになるわけで、これは何とかせねばと。

とにかくまず、Yahooがmacでサポート対象にしているsafari3を動かす環境=os10.4(tiger)以上を用意しなくちゃならんということで、対策の選択肢は3つ。1)カミさんのマシンに10.4以上を入れる。2)マシン自体を格上げ(入替)する。3)macminiを共用できるようにする。

1)を早速試してみようと、手持ちのtigerを早速インストールしてみたものの、あえなく玉砕(そりゃそうだよねぇ。。macmini添付のdvdなんだし)。市販のtigerってのも品薄(中古品が主流)なため断念。
2)はヤフオクでmacminiの中古を探してみたけど、なんだかんだでtiger搭載機は5万前後はするので躊躇。
3)の方法も友人からいくつかアドバイスを受けたものの、追加の機材購入やら配線の取り回しが制約に。


さあ困った。。。
なにか有効な対策はないものかと、2ちゃんで情報収集を始めたのはすっかり真夜中であります。今日も夜更かしだな。。。と思ってたら対策があっちゅうまに見つかってしまい(^_^;

【対策】ブラウザのフォントサイズを一つ小さくする→配置がずれて画像登録ボタンが押せる位置にくる。

・・・そんだけかーい!
ってことで今朝無事出品が完了しますた。

まあ古いmac使ってるだけに、最近のいろんなシステムの仕様に足りてないってのはどうしょうもないわけなんですが、にしてもmacユーザは肩身が狭いなーちゅうのが今回の一連の感想なのでありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

空き地だらけ

になってきたなぁと、結構心配しているわがまち函館の中央地区。

前記事にコメントくれた、我が家と同じ町内会の三代目さんが、「このへん高すぎ!」って書いてましたけど、実はこのあたりの土地価格は自分が家を建てた頃からも結構値下がりしてるんだなということが、うちから徒歩10分もしない市電通り沿いに物件を買った人の話から判ったわけです。

ちょっと考えれば、確かに、値段が下がるしかないのがわがまちの土地価格。
人口が激減してるんだから、土地を買おうなんていう人も激減するし、新しく商売しようっていう人も減るだろうし。30~40代のマイホームを必要とする世代も少ない。土地を必要とする人が減るから値段は下がる。

それでもハウスメーカーは桔梗とか上磯とかに大規模開発して家を売る。上磯の某小学校はここ数年で道内有数のマンモス小学校になったっちゅーくらい家が増えてるようで。でも、こういう手法も曲がり角にさしかかっていて、某エリアに大規模開発を進めた住宅メーカーも苦境にある様子。

ある時期に集中的に開発されたニュータウンは、30年後どうなるか。東京だと高島平、多摩、町田など、高齢化のスピードが都心以上に速く進んで、それまで集積していた都市機能が一気に失われていくことになるんです。函館もそれは避けられません。

2008年7月の住民基本台帳人口を見てみます。65歳以上の老齢人口比率は25.7%。市民の4人に1人が65歳以上というだけでもクラっとくるわけですが、さらに、いままでニュータウンと思われてきた地区でさえ、老齢化率が25.7%を越えてしまった地区がたくさんあるということを、ほとんどの人が知らないのではと。

ここに書くと、みなさんもイメージが変わると思います。老齢化率が市内平均以上の「ニュータウン」。
西旭岡町2丁目  25.8%
美原4・5丁目   26.0~26.4%
日吉町2~4丁目 26.8~31.3%
東山2丁目     27.2%
上湯川町      28.7%
榎本町       29.0%
高丘町       29.9%

これらはいずれも昭和50年代から団地として開発が進められた地域。核家族世帯が家を建てて移り住みました。やがて子は育ち実家を離れ、残った夫婦二人暮らし。さらに別の場所に住む親世帯は、天寿を全うする時期です。親亡きあと主を失った空き家をどうするのか、自分たちは団地でどう暮らすのか、自分たちの子どもは函館にはおらず、いずれ相続しても空き家空き地のまま遊休資産と化し、売却するにも買い手はみつからず、不動産評価額は低く。。。なんていう話が、もっともっと増えてくるんです、このまち。その結果、空き地空き家だらけになる。いや、もうなってきている。

アメリカの無謀なサブプライムローン破たんに始まり、東京など大都市圏の上場企業の不動産業者がバタバタと倒産。そして、わがまちの空き地が増えていく姿。

そんな状況をまのあたりにすると、不動産の資産価値を前提にした運用・取引・融資という経済活動のあり方が、問われ始めているような気がしています。


・・続きの関係ネタもいろいろありますが、眠いので今夜はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

築5年4LDK

の、我が家に関するお話。

その1。
5年目の定期点検が入りました。
我が家のハウスメーカーは地元のテーオーハウスさん。施工件数的には当地では中くらいの位置づけで地味なほうですが、企業規模としてはJASDAQ上場会社の住宅事業部という位置づけなので、ユーザーサポートの点では安心です。家建てた時、比較検討したメーカーは昨年潰れちゃったりしてるので。。

で、点検日に備えて不具合個所なんかのチェックをしつつ、当日はカミさんが対応。引き戸の不具合を直して貰い、後日クロス職人さんが来て壁の角のコーキングを補充して終了。5年にしてはトラブル・不具合・劣化がほとんどなく来てますので(いつぞやは配水管のカバー逆接続事件ってのがありましたが)なかなかポイント高いです、テーオーハウス。


その2。
点検のタイミングでひらめいて、この冬の灯油代高騰に対抗すべく、セントラルヒーティングの灯油ボイラーのスイッチを、タイマー付きのものに変更することにしました。新築時には「灯油ボイラーは基本的に24時間つけっぱなしが前提」ということで、タイマー機能無しの標準タイプを設置したわけですが、こういう状況になると少しでも家計に貢献できる方法を、ということで冬を前に先行投資。とくに、交換予定のリモコンは製造中止になってるので、入手できるかどうか心配でしたが、テーオーの担当者から設備会社につないでもらい、品物も無事確保、取付の段取りとなりました。これで冬はどんくらい灯油消費量を削れるかな。。。


その3。
夜中、リビングのソファに座っていると、毎晩毎晩汽笛のような低い「ぶおー」という音が断続的に続くようになって、もう半年以上がたちます。いい加減原因を特定しなくちゃと思って、窓を全開にして外に耳を傾けても、そんな音はカケラも聞こえません。イラっときて音が聞こえる方の壁に耳をあてると、壁から「ぶおー」。。。んん?てことは犯人はオマエだな!・・・電気メーター。。。

ということで早速北海道電力に電話。すかさず担当者が新しいメーターを持ってきて交換と相成りまして、ぶおー音はぴったりと消えてくれました。これで夜中もかつてのように、冷蔵庫のコンプレッサ音が再び主役に(^_^;


そういえば今日のネットのニュースには「住宅取得費平均4623万円に、初めて年収の6倍超す」というニュースが。大都市圏は大変だ。。。家を建てるなら地方がなにより、自分の知り合いの転機族の方も、函館を終の棲家にということで函館に家を構えたとこです。Uターン希望者はぜひ検討を(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »