« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

実に面白い。

前の記事で福山雅治を例に出したので、タイトルも福山つながりにしてみました。

先週末、金曜土曜と呑み会2連発だったので、日曜はただひたすらぐったり過ごしました。

で、この日ひさびさ面白かったテレビ番組が2つ。

朝は、テレビ朝日サンデープロジェクト「ガチンコ討論 竹中平蔵vs金子勝」。
正月にも両名を交えた討論番組をNHKでやってたみたいなんですが見そびれて、今回あらためてじっくりと討論に耳を傾けました。停滞する日本経済に必要な政策について、実に面白いディベートでありました。

どちらの理論を支持するとか、特にここでは書きません。
どちらの理論・政策とも納得できる要素はたくさんあるんですが、政策というのは実行できなければ意味がないものです。
竹中氏はかつて政治の現場にいて政策を実行させた人ですし、一部は実現してますが、改革半ばで止まっています。金子氏の理論も、いち労働者としてどこかで実現できないかなとも思います。

しかしながら、立派な理論も支持されなければ政策にはなりませんし、立派な政策であっても既得権益を守りたい人達、これまでのやり方を変えたくない人達がいれば実行には移せません。

というところは、国も、地域も、会社も、みんなおなじ。
経済対策が遅い、と批判するのではなく、まずは隗より始めよ、と思わされた討論でした。
こういう対照的な2人が在籍している慶應大学は「なかなかやるじゃん」てな感じです。


続いて夜はNHKスペシャル「男と女」。
これも前2回分を見そびれて、今回が最終回。男性を生み出すY染色体の遺伝子数が減少過程にあり、遠い将来いずれ消滅する、すなわち、男性が誕生しなくなり、男性が生まれなくなった人類は子孫を残せず滅びるであろう、そんなお話でした。遺伝子の突然変異でもあれば別ですが、そんなことは期待できないのだ、ということも。

人間の本質を垣間見ました。人類繁栄の陰で負っていた宿命、ほ乳類として胎盤を獲得し子を安全に産む環境を得たこと、胎盤をつくる遺伝子はY染色体にしか存在しないこと、Y染色体は受け継がれるたびに遺伝子を減らし、修復が不可能だということ。
そのうえでさらに、現代人の精子の活動が弱まり、不妊傾向が強まっているという事実も。乱婚が通常で、強い精子だけが勝ち残るゴリラの世界と異なり、一夫一婦を原則として家族単位で営みを行う人間は精子の活動が弱くなってやむを得ないのだそうで。

人間とはそういうものだということを受け入れ、人生を全うしなくては、と感じました。


最後は翌月曜、テレビ東京カンブリア宮殿「日本共産党委員長 志位和夫」。

共産党は不支持ですが、その野党としてのゆるぎないあり方をあらためて感じさせられましたし、信じた道を何にも動じることなく生きることの大変さもまた感じさせられました。


お笑いにクイズに食傷気味なテレビ番組ですが、一見地味な番組をこつこつ作り込んでる制作者の方々には、これからも面白い企画をお願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいちょい嫌な役回りを演じたり、

ラジバンダリ。

・・・寝不足なのですいません。
今日は自分のワガママに関するお話。

仕事のなかで、いてもたってもいられなくなって、他分野の業務に口を出してしまうって事が、年に1回くらいの割合で出てきます。

ちょうどいま、我が社のスタッフ全員に関係する、オフィスの環境変更に関する業務が進んでるんですが、スタッフ全員に関わる話なはずなのに、関連資料の提示とか意見集約とかがぜんぜん行われないまま役員と総務部門との間で話が固まりつつあって、配慮の無さというか、スタッフのほうを向いていないその感覚に、すっかり業を煮やしてしまった自分。

昨日は布団に入ってからこれを考え始めてしまって寝られなくなり、朝刊がポストに入った音を聞いてしまう、というくらい、この問題で頭の中がヤラレてしまっています。

ということで嫌な役回りは覚悟のうえで、今日は役員と総務部門の同僚に進言。
言葉を選んでやんわりと言ってはいますが、その中身は「仕事の進め方に問題有り」というようなことですから、どちらともいい顔するわけもなく。
こういう反応のときは、確信犯とはいえ、それなりにへこみもします。

ちょっと前にやっていた缶コーヒーのCMの、企画会議で結論がほぼ出てるというのに「やっぱり、これでいきませんか」とこだわりを言って否定され落ち込み、「あんた不器用だねぇ」と掃除のおばちゃんに慰められてしまう福山雅治の気分。

なにも口出しせず傍観を決め込んで、結果がイマイチだったときに「ほらいわんこっちゃない」と陰口を言うよりも、プロセスのなかで改善できるチャンスがあるなら煙たがられても口出ししておこう、というのが自分のココロであります。

・・・なーんて言い訳。
器がちっちゃいので(^_^;


ごちゃごちゃ書いてますが、要は「とにかく今夜はすっきり寝かせてくれい!」ということなのでした。ぐんない!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アゲアゲ系36歳

卒業以来の中学同期会が、土曜日に開催されました。
うちの学校の同期は3クラス約120名、集まったのは30名ちょっとでしたか、担任の先生方も2名いらして、楽しくあっというまのひとときでした。

卒業ぶりにあう人達もいて、その年月を感じさせられます。薄くなった人、太った人から、まったく変わってない人など。。
今回の幹事は、いわゆる「イケてるグループ」といいましょうか、当時やんちゃしてた連中が中心になって仕掛けてくれたわけなんですが、先生方も驚いていたくらいすっかりみんな立派になって、場を盛り上げてくれていました。自分も高校の同期会の幹事をやってるんで、彼らの頑張りやらサービス精神ってのがよくわかって、20年の重みを感じさせてくれました。うちの校区は商店が多くて、後を継いで働いてる社長や専務が多かったりするので、商いのなかでちゃんと社会経験を積んできたということなのでありましょう。

にしても、イケてるグループの連中のテンションは、同じ36歳なはずなのにアゲアゲ系で相当に高いものがありまして、「そーか、このテンションがあの当時のイケてる系の原動力だったんだなー」とあらためて気が付かされたわけであります。
よせばいいのに「イケてないグループ」だった自分もアゲていこうと、3次会ではBOOWYや尾崎豊を熱唱(^_^;終了時には相当ぐったりきておりました。4次会は親しい男2女2でラーメン屋でシメましたが、「このテンションは、毎年開催はツライね」という意見で一致した次第(^_^;

地元在住者との縁も広がり、つぎにつながる同期会になりました。
幹事連中を見習って、今年は少しアゲ気味でいきましょーかぁ!!!きびしー!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございました

みなさまにおかれましては、誠に恐縮ながら今年も駄文を垂れ流して参りますゆえ、気長にお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

年末年始は例年にも増して欲張ってしまい、ここにきて疲れが噴出しております。風邪やらインフルエンザをひいてないのが奇跡的といえます。

欲張り月間のはじまりは、12月19日に開幕した忘年会シリーズでの大連投。
20日は大学同窓会の忘年会、22日の職場忘年会2次会は情勢を反映してか同僚それぞれ不満に思っている事が噴出、近年まれに見るすさんだ呑み会で(^_^;スナックのお姉さん達もほったらかし状態。さらにこの週はホームパーティあり、そのための掃除あり、クリスマスあり、前からのびのびになってた人達との忘年会ありで、あっという間に26日仕事納めを迎えます。仕事納めの日も高校同窓会役員会の忘年会。

年末年始休暇はこれまた例年に増して掃除に気合いが入り、正月飾りの買い出しその他もあり、その合間には通称「呑み部」忘年会も入り、2次会は深夜まで「昭和しばり」カラオケがやたらと盛り上がりを見せ、一年間たまったストレスをすっかりと発散できました。

家の大掃除が終わるころにようやく年賀状作業に着手、大晦日の実家での年取行事を経てようやく新年を迎えます。

新年もハイペースは変わらず、元旦・二日はかみさんの親・兄弟の家で正月行事があり、3日はなんとか静養しつつ初詣と実家挨拶、4日は仲間のホームパーティでニッカのシングルカスク18年物(54度)を頂き、5日の仕事始めは完璧二日酔いで迎えてしまいました。

その日はおとなしく帰ればいいものを、東京・札幌から帰省していた仲間達と新年会をセットして、しゃれたレストランで語らうも、苦手のワインで更にやられてしまい。。。。

多少のアルコールを残しつつも、6日は突如として仕事モードに切り替わり、22時すぎまで残業して翌日の準備。
翌日7日は、公立小中学校の教員研修会講師という大仕事がありまして、先生方100人以上を相手に、持ち時間80分じっくりと語ってきました。

ここで一旦力尽き、8日は顔をしかめてしまうくらいの胃痛が生じてやむなく午前休暇(^_^;

しかし、ここは気合いの見せ所(^_^;10・11日は家族で札幌に出かけます。
出発から到着まで道中7時間ずーと雪が降りっぱなしの中運転し札幌へ。長男君が見たがっていた「レスキューフォース映画版」を見せ、カミさんが行きたがっていた買い物やら、自分は年末に壊れたmacminiを持って「アップルストア札幌」へ。結局macは直らず、修理も7万ということで、ヤフオクで中古を仕入れた方が安いため断念。その足で通販有名店「DO-夢」に行ってパーツのお買い物。
宿泊は家族4人トリプルルーム+朝食付10,500円という格安プランで、札幌のホテル業界も函館同様冬場の集客に苦労している様子がうかがえます。
11日は札幌ドームで開催されている「ふわふわアドベンチャー」へ。人気アトラクションは軒並み待ち時間30~50分で、待ってる時の気分はすっかり東京ディズニーランドです。後半は友達家族と手分けして並んで時間短縮に勤しんだのでありました。16時ドーム出発、22時函館着。

最初から12日は静養日にするつもりだったので、たっぷりカラダを休めようと、温泉行きを思いつきます。
でも結局これも欲張りが出てしまい、行った先はグリーンピア大沼、みぞれ降るファミリーゲレンデで子ども達とそりあそびに興じ、どっつり温泉に浸かり、そこで帰ればいいのに最後は長男君にせがまれ家族でボーリング。。。

てな調子で、今年のテーマは「思いついたことはすぐやってみる」てことになりそうです(もちろんお財布の中身の範囲内で)
新年早々けっこう景気刺激してるつもりなんですが、焼け石に水でしょうねぇ。。。
・・・生活給付金が頂けるならもちろん頂きます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »