« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

コメントに代えて

深夜に書いたラブレターは読めたもんじゃないといいますが、
深夜のストレス発散カキコミもまたヒドいもんですな。。。我ながら。

とらにゃんさん、アイさん、わいふるさん、ほかDM下さった皆様、どうもありがとう。
多くの人に支えてもらっていること、本当に有り難う。

いまは、自分が勝手にココロのバランスを崩してて、抱えている閉塞感も自分のなかだけの感覚です。会社が突然切り替わったように悪化し始めたということでもないし、同僚達にとっては日常となんら変わりないはずです。

ただ、そういう感覚で働いている人達とのギャップが、自分を苦しめる一因になっています。
さらに、その苦しみは、実はどーってことないレベルのものであるということも、自分はわかってしまっています。
本当に立ちゆかないような困難に当たっていたら、こんなことで悩んだりぼやいたりもしていられないのですから。


自分が変わることさえできればと、ことあるたびに痛感します。
もっと自分に政治力があれば。カリスマがあれば。ムードメーカーならば。優しく言うことができたなら。笑わせ上手なら。
自分が変わることさえできれば、職場は確実に変わることでしょう。

でも、小手先の表現技法を変えたところで、14年間でこびりついた社内でのポジションやキャラクタは、簡単に変わるもんじゃありません。そこが中小企業における人間関係の悩ましいところです。

今年は15年目。サラリーマン生活もほぼ折り返し地点です。
また15年かけて、自分も変わっていかなくちゃならんな、いまはそんなことを思ってます。
時が流れて振り返った時、あぁあのときは病みかけてたんだな、と、思い返せるように。

今日は早く眠れそうです。朝方目が覚めてしまわないことを願いつつ、おやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

失望

上司と同僚の皆様へ。

我が社で働いてまもなく丸14年の自分。
社に対してはここのところ、これまでに感じたことのない失望感でいっぱいです。
あまりの残念ぶりに、夜眠れない日も増えてきました。人の話では、うつの入口だともいえるらしく。

みなさんには、我が社はこうあってほしい、という希望はありませんか?
その希望は叶えたくはありませんか?
その希望が他の人が持っている希望と違うのであれば、お互いにとってよいあり方を模索するための議論だって必要ではありませんか?それがどこかで妥協せねばならないことであっても、妥協点を見出す作業は無駄ですか?

しょせん小さなムラ社会では、希望を叶えるための発言や行動は慎しんだほうが利口だということでしょうか?
頂く給料以上のことはしても無駄だとお考えですか?役員が強力だから何を言っても無理ですか?


・・・・別に革命を起こせといっているのではありません。問いかけに答える必要もありません。病みかけの人間の寂しい捨て台詞ですから。

ただひとつだけ、自分が言いたいこと。
それは、一番身近な共同体である「会社」という場で、共同体が幸福になるための議論すらできない私達に、本来課せられている使命である「まちづくり」の仕事なんてできるわけがない、ということ。
使命を果たせていない組織は存在する意味などありません。

そして、会社の閉塞感が、そのまま街の閉塞感、停滞になっているとも言えるんじゃないかなと。


いつから、どうしてこんなふうになっちゃったんでしょうね。
自由闊達に議論できた時代もあったというのに。
とにもかくにも、残念です。


あんまり中の世界(会社)に期待を持ちすぎると、失望したときに痛手が大きいということがよくわかりました。
こんなくらいであきらめる自分ではないのですが、ココロのバランスを崩しては家族に迷惑をかけちゃうので、これからしばらくは外の世界に軸足をおいて活動しますわ。

ようやく眠くなってきたので、おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »