« 実に面白い。 | トップページ | コメントに代えて »

失望

上司と同僚の皆様へ。

我が社で働いてまもなく丸14年の自分。
社に対してはここのところ、これまでに感じたことのない失望感でいっぱいです。
あまりの残念ぶりに、夜眠れない日も増えてきました。人の話では、うつの入口だともいえるらしく。

みなさんには、我が社はこうあってほしい、という希望はありませんか?
その希望は叶えたくはありませんか?
その希望が他の人が持っている希望と違うのであれば、お互いにとってよいあり方を模索するための議論だって必要ではありませんか?それがどこかで妥協せねばならないことであっても、妥協点を見出す作業は無駄ですか?

しょせん小さなムラ社会では、希望を叶えるための発言や行動は慎しんだほうが利口だということでしょうか?
頂く給料以上のことはしても無駄だとお考えですか?役員が強力だから何を言っても無理ですか?


・・・・別に革命を起こせといっているのではありません。問いかけに答える必要もありません。病みかけの人間の寂しい捨て台詞ですから。

ただひとつだけ、自分が言いたいこと。
それは、一番身近な共同体である「会社」という場で、共同体が幸福になるための議論すらできない私達に、本来課せられている使命である「まちづくり」の仕事なんてできるわけがない、ということ。
使命を果たせていない組織は存在する意味などありません。

そして、会社の閉塞感が、そのまま街の閉塞感、停滞になっているとも言えるんじゃないかなと。


いつから、どうしてこんなふうになっちゃったんでしょうね。
自由闊達に議論できた時代もあったというのに。
とにもかくにも、残念です。


あんまり中の世界(会社)に期待を持ちすぎると、失望したときに痛手が大きいということがよくわかりました。
こんなくらいであきらめる自分ではないのですが、ココロのバランスを崩しては家族に迷惑をかけちゃうので、これからしばらくは外の世界に軸足をおいて活動しますわ。

ようやく眠くなってきたので、おやすみなさい。

|

« 実に面白い。 | トップページ | コメントに代えて »

コメント

ふ~む。そうなのか。ここにきての景気後退は、職場のやる気も相当そぐことだろうね。むしろ転換期と捉えて職場の再構築くらいから始めていく、くらいの気持ちが必要なのだろう。職場が和やか(働きやすい環境づくり)でなくては、いい仕事などできないわなぁ~。あまり考え込んで精神を病んではいけないよ。自分が日々積み重ねていることは無駄ではないのだから。力をためておく時期なのかもね。

投稿: とらにゃん | 2009.02.02 08:29

会社や組織が不景気を目の当たりにして、とても殺伐としたものになってきています。
そして、官公庁系、大学は全くと言ってよい程、世間の波とずれた感覚のまま、のんべんだらりんとしているように見えます。そこに危機感を抱いて、いつも、もがきながらも頑張っているわかだんなさんには敬服しています。

私も函館が大好きです、だから前向きに前向きに。
(だったら、函館検定落ちるな!と叱られそうですが、わざと落ちたんですって、また函館に帰る理由づくりのために(笑))

ちょっと立ち止まり、ただひたすら傾聴することに徹することもたまにはよいかもと思い、コメントしてみました。

投稿: アイ | 2009.02.02 14:11

いますぐ函館に飛んで、愚痴を聞いてあげたい気分でいっぱいです。
きっとあるひとりの発言なり行動が、わかだんなをそんな気持ちにさせてしまったとしたら、とても残念で仕方ありません。
いまは、一歩離れて物事を考えるのもいいかも知れません。何か別のことを考えて心をリフレッシュしてはいかがでしょうかね。お手伝いできることあれば、言ってくださいね~。

投稿: わいふる | 2009.02.02 21:03

ありますよ、そう言うこと。

自分の信念を保とうと思うところは頑張りたいと思います。
若だんなさんの職場ではそれが可能ですか?

今、函館は前代未聞の不景気だと思います。
中小自営業者は沈没寸前なんだけどなあ・・・

もう一度、とりあえず経済を活性化させる国の事業を
行わないとあとはこのまま戦争への道を?
何てそれはないかな。

投稿: 三代目 | 2009.02.04 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46165/43930763

この記事へのトラックバック一覧です: 失望:

« 実に面白い。 | トップページ | コメントに代えて »