« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ありがたい話。

 今回は、自分を支えてくれている、愛すべき人々への思いと、人の生き方にまつわるお話。長い話なので、興味のない方はとばしてくださいまし。

 5月末、友人のお父さんが亡くなり、お通夜に出てきました。
 今年に入ってからは特に葬儀が多く、坊さんの説教も何度も聞いているんですが、今回の葬儀で聞いた話の一節が耳に残り、何週間も自分の中で思考をめぐらせています。

 それは「自分自身の身体は仏様(御先祖)からの借り物である」という仏教の教えです。身体はいつか必ず返さなくてはならない。だからこそ亡くなった人の心を受け継いでいくことが大切だし、今を生きる人は心のあり方を整えて、借り物である身体を大事に遣って欲しい、というものです。

 ・・・身体は御先祖からの借り物、といわれてフクザツな思いを抱いた自分。なぜかといえば、うちの御先祖が子孫に貸してくれている身体ってのが、なかなか操縦が難しいのでありまして。。。。


 我が家ってのは、自分のひいじいちゃんが秋田から函館にやってきてからここまでの間、家系が絶えていてもおかしくないというくらい、跡継ぎの男手には身体的な諸問題が多くありまして、自分も若い頃に死ぬ目に遭う経験をしてます。そういう体験をなんとかかいくぐって生き延びられたことで、最愛の人と出会い、家族となり、子ども達にも恵まれました。

 そういう困難を経つつも、じいちゃんと、身障者の親父、自分、未熟児だったけど懸命に頑張った長男、そして次男と、なんとかつながってきて、いまこの世に四世代揃って存在しているわけですから、このことだけでもありがたいことだな~と感じているわけです。


 いまの世の中は、長生きできる社会を実現できたのとひきかえに、長生きのぶんだけ、心や身体の病、困難に見舞われる機会も多くなってしまいました。そして、苦しい境地においやられたときは、おそらく誰もが一度や二度、生きることの意味を自問したことがあるかと思います。

 自身もかつては、痛い思いをさせられる度に「どーして自分がこんな目に遭わなきゃならないんだ」と思ってましたが、思想を変えない限り、繰り返し襲ってくる痛みからは逃れられないということに、いつしか気がつかされたのでした。

 あのとき死んでいたかもしれない自分。
 その後も痛い経験は多いけど、なんとか生きてるわけで。
 いや、やっぱりそれって生かされてきたんだろう。
 きっと何か、自分に課せられた役回りがあるということなんだろう。
 それが何なのかは全然わかんないけど、生かされていることの意味を探求する人生も、もしかしたら楽しいかも知れない。

 心や身体に傷を負い、「自分がこうなったのは○○のせいだ」という思いを抱えたままの人生は、辛すぎます。「○○のおかげで自分はここまでこられたんだろうな」と考えたほうが、幸せですからね。

 この世の中は「生きていても仕方がない社会」では決してないわけです。この世に生を受けたこと自体が、様々な奇跡が重なった結果であるわけだし、深い孤独と絶望の中で光を見いだせない時期だってあるかもしれないけど、どんな人間にも「自然治癒力」っていう、身体や心をもとに治そうとする凄いチカラがあります。自分もその力を何度か経験したこともあり、辛い状況に置かれても、そのチカラを信じてみることから、いくらでもやりなおしがきくんじゃないかなと、思うわけです。
(ガン細胞に侵されてたらどーする?みたいな意地悪な質問は却下^_^;)


 で、こーやって頭のなかを整理しているうちに、臓器移植法改正案のニュースが流れて、世間の物議を醸しはじめました。一分一秒も早い臓器移植を待つ家族と、植物状態でも愛情に満たされて過ごす家族、マスコミは対極的な現実をこれでもかというくらい見せつけてきますので、子を持つ親の一人として、悩まずにはいられません。

 自分の経験から考えてみると、
 例えば自分の命も、長男の命も、現代の高度医療に支えられて救われたのは事実です。時代が時代なら自分は死んでいて、もちろん長男も生まれてくることはなかった。あるいは、自分は生き延びたとしても、長男はどうだったかわからない。

 そういう観点では、移植法改正によって国内での高度な医療技術が活用できるようになって、救われる子ども達が増えるのなら、それを願いたい。でも、それは臓器を提供する側があって成り立つことになるから、提供する立場の人達に最大限納得のいく制度でなければならんのです。つまりは、修正案の中にもあったようですが、脳死判定の厳格化、たとえば自発呼吸が出来る出来ないとかいうような確認点と、脳死者の家族の尊厳をきちんと考えた法案になってくれればと願うのです。


 話は最初に戻りますが、「自分自身の身体は仏様(御先祖)からの借り物である」という仏教の教えと、臓器移植とか脳死という問題に関係して感じるのは、移植を待つ側も、脳死状態の側も、人間自身が持つ「自然治癒力」という力だけではどうにもならない状況に置かれて、医療という施しを必要としていることには違いないということ。そして、ここで大事なのは、医療という世界とどう向き合うかというところではないかと。

 まぎれもなく、長寿社会は医療の力によって実現されました。ですが、それを享受する立場の私達が、自らと向き合うことをせずに「自分への施しは当然の権利」だとばかりに振る舞う傾向が強くなっていることが、医療を取り巻く諸問題の根元にあるような気がしているのです。そしてそのことは、因果応報ではないけど、結果的に医療を取り巻く全て=私達と業界の双方に、何らかのカタチで不利益をもたらしているような気が、僕自身はしているのです。

 そんな時代だからこそ、身体を「御先祖からの借り物」として捉え、自らと向き合い、辛さの伴う病や障害というものを受け止めて生きていけるような、謙虚な心のありようが大切なんだろうと思うし、世の中にそういう心が広がっていってほしいと願うのです。


 「ありがとう」は、存在することが難しいこの世に存在していることに感謝、ということば。ゆえに今日は「有り難い話」としました。読んでくれてありがとう(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ETC東京旅行総決算。

 5月7日18:30、定刻通り大洗港を出航した商船三井フェリー「さんふらわあさっぽろ」。台風はどうやら本土から遠く離れていったようですが、影響で波が若干高い様子で、1万トン級の船体もいいかんじで揺れます。夕食は途中で買って持ち込んだお弁当。船内で明日の午後まで過ごすので、夕食・朝食・昼食を全て船内のレストランで食べるのは予算的にタイヘンなのです。食事を済ませたあとは展望大浴場へ。明るい時間帯であれば水平線を眺めながら湯につかることもでき、これが大型フェリーでの旅のよいところ。ホントは子ども達と入りたかったんですが、長男君は疲れて先に寝てしまったので、ひとりでのんびり入浴。

 あれこれやってるうちに夜はあっという間にふけてしまい、早めに寝ます。二等船室ですが枕にマットレス、毛布完備で申し分なし。一人あたりの幅が狭いのだけは惜しい。未就学児童は運賃無料なんですが、それだと寝具一式があたらないんですな。6歳児だって寝るスペースは一人前だし、満席のときは困ってしまうだろうな。。と思いつつ、使われていない寝具を拝借した次第。

 翌朝は遅めスタート、朝食はレストランバイキングにしまして、けっこう優雅な気分です。レストランに通じる廊下で久しぶりにデジャヴにおそわれ、しかもそれが妙に鮮明な感覚だったので、後日改めて調べてみると、この船は8年前に乗った旧・東日本フェリー室蘭~大洗航路に就航していた船で、同路線が廃止された後に商船三井に身売りされてきたものだったとのことで、すっきり解決。船内エレベーターがシンドラー社製だったので肝試しに一回乗ってみましたが、けっこうドキドキしました(^_^;

 朝食後は船内探検なんかしながら子ども達と遊んでいると、あっという間に定刻13:30苫小牧港到着です。長時間で退屈しそうと思われがちなフェリーですが、夕方出航→昼到着の便だと、結構あっという間に時間が過ぎるし、一泊分浮かせられるのでとても重宝します。ただ、苫小牧から函館までの帰り道が250kmもあって長いのが難ありなわけでして。到着後は途中で昼飯を食べ、ひたすら走って19:00自宅到着。

 ということで帰宅後の旅の総決算はといいますと。。。
 まず走行距離でみると約1200km、これは思ってたほどの距離じゃありませんでした。北海道内で言えば函館~釧路往復くらいの感覚。これは帰りをフェリーにしたぶん短かったということで、帰りも陸路だったら+750kmということになります。

 そんでもって旅費。他人のフトコロはみなさん興味のあるところかと(笑)
 4人家族で4泊5日おまけにゴールデンウィークですから、それなりにかかってしまいそうですよねぇ。もし、これが仮に格安パック旅行商品の「東京フリープラン4泊5日」だとしても、現地交通費に食費に小遣いにお土産代、ぜーんぶ入れたらきっと20万は超えてしまうことでしょう。ところが今回の我が家は凄いですよ。高速代にガソリン代、入場料からお土産まで全てコミコミ、お値段なんと20万円を切る価格を実現いたしました!(ジャパネットたかたの社長の顔が浮かんだアナタはワタシと同類^_^;)おまえんちにそんなカネよくあるなぁと思ったアナタ!あるんです、定額給付金64,000円が(^_^;

 肝心のETC活用による割引額は17,000円になりまして、フェリーの割引分4,000円を合わせるとオトク額は21,000円。これ、ホテル1泊分浮いた計算になります。割引分を誘い水にして、割引分以上の消費をしてるわけですから、なんだかんだ言われるETC1000円制度ではありますが、確実に景気対策にはなってるといえそうです。特に、わがまち函館とか北海道とかは、首都圏から見れば憧れのドライブスポットなわけですから、今後はこれを活用したPRとかタイアップセールとかを、どんどん仕掛けていったほうがいいよな~と感じた旅でした。

 さーて、次回はどこいこうかしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ETC1000円で函館~東京(4)

 東京最終日の5月7日は平日つまりETC1000円の使えない日であります。じゃあどーやって函館まで帰るかと言いますと、夕方に茨城の大洗港を出航する商船三井フェリー苫小牧行きに乗って帰るわけです。フェリーに一番乗りたかったのは長男君。幼稚園から貰ってきたフェリーの絵本にすっかり感化されてしまい、今回の旅行で恐らく一番のお楽しみ。おりしも今日は長男君の6歳の誕生日でありまして、ちょうどよいプレゼントです。そんなわけで2日遅れのこどもの日モードで、子どもが楽しめそうなところを巡ることとしました。

 今朝の朝食はカミさんの和食リクエストがあり、そうはいっても朝から和食が食える安い店なんて吉野家の朝定食くらいしか知らんわけなんですが、調べると大戸屋で朝営業をやってる店舗が池袋東口にありまして、学生時代のノリで大戸屋で飯を食います。メシ後は池袋パルコでカミさんの雑貨を買い物ののち、渋谷のNHKスタジオパークへと向かいます。

 この旅行で最後やり残してた事に「モバイルスイカにチャージ」というのがありまして(^_^;北海道も札幌でキタカがスタートし、スイカとの相互乗り入れも始まったということは、つまりスイカにチャージしておけば、パスモも乗れるしキタカも乗れるし、ということになるんですが、北海道内や北東北ではスイカをチャージできる店の情報が殆ど得られないもんで、池袋のコンビニで念願のチャージを果たしたわけです。

 んで、早速渋谷に向かう地下鉄副都心線の改札に携帯をタッチ。ん~これが東京人の気分か~と田舎もんならではの感慨(^_^;にひたりつつ、丁度到着した急行電車に乗車。しかもホントに途中駅を通過するあたり、営団地下鉄もすっかり変わったなぁ~とまたまた感慨深いものが。

 スタジオパークはGW後の平日午前てことでほぼ貸切状態、どの体験展示も待ち時間なしだけでなく、コンパニオンのお姉さんが懇切丁寧に子ども達の相手をしてくれて、なんともコストパフォーマンスの高い施設であります。最初恥ずかしがっていたアフレコ体験なんかに興味を持ったらしく、もう少し年長になったらまた楽しめるかもしれません。帰りの渋谷駅行きバスを待っていると、着いたバスからNHK勤務の友人H君が降りてくるあたりは、偶然にも程があるというか、しかも4日前に函館で会ったばかりだし、これが腐れ縁のなせるワザなのでありましょう。

 渋谷からはまたバスに乗って今度は東京タワーです。学生時代以来に足を踏み込んだタワーはなんとなく建物内の雰囲気も違っていて、更に今回は昔は登れなかった高さ250mの特別展望台へ足を踏み込むことに・・・・踏み込んだものの・・・・やめときゃ良かった・・・・(高所恐怖症)「だから待ってたほうが良いよって言ったのに」と、カミさんからもイタ~イ一言が。

 東京タワーを出たのが15:00すぎ、これから池袋のホテルまで車を取りに帰って、フェリーは18:30大洗港発なので、時間的には結構厳しくなってきました。まずタクシーで有楽町線の桜田門駅に向かい、そこから地下鉄で池袋、車に乗ったのは16:00。首都高東池袋ICから中央環状線→6号三郷線→常磐道→北関東道と進んで、ふと時計を見ると17:00。これはラッキー、通勤割引が使えるぞってことで三郷から100km手前の水戸南ICで一度精算して半額にしておいて再度流入、水戸大洗ICから国道50号を経てフェリー乗り場には17:40着。乗ってしまえばあとはこっちのもの。台風1号の進路が気になる、ちょいと波が高い雰囲気の中出航です。

 フェリーの中と、家までと、旅行のまとめは最終回につづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ETC1000円で函館~東京(3)

 旅行3日目はスロースタートです。節約のためホテルは朝食無しプランでして、そんなときの我が家の定番は朝マック。徒歩2分のマクドナルドはもちろん事前にチェック済み、自分のオーダーは一も二もなくホットケーキセットなわけなんですが、「本日売り切れでございます~」がーん。。。朝マックの楽しみが半減いや全減・・・しぶしぶホットドックでしのぎます。

 今日6日は祝日の最終日つまりETC1000円も今日までなので、今日も高速道路中心の旅。開通当時から一度走ってみたかった東京湾アクアラインも1000円ということで、まずは東京湾一周ドライブです。首都高護国寺ICから、5号池袋線→環状線外回り→7号小松川線→京葉道路→館山道→アクアラインと進みます。海上区間は高架橋になっていて、車を走らせていても吊り橋とはまた違う爽快感があります。海ほたる入口到着は11:30、で駐車場の入場待ちは30分かからずクリアし、PAで昼食とショッピング。雨風が強くなってしまい記念撮影も満足にいきませんでしたが、のんびり過ごしました。

 午後からは夫婦それぞれの友人宅訪問で、まずは京王稲田堤在住のカミさんの友人宅へ、湾岸線→12号台場線→環状線外回り→4号新宿線→中央道調布ICと進みます。お邪魔したマンションは高台にあって眺めもよく広々したつくり。「(ここまで)よく来れたわねぇ」と言われてしまうのは自分的には褒め言葉ですが(^_^;彼ら的には川崎の団地の中を走る函館ナンバーの特異さを物語っているのでありましょう。

 続いて夕方はお隣府中市のため君宅へ向かいます。稲田堤を出る段階でため君とは全く連絡がついておらず、「まあ不在でも家まで行ってお土産突っ込んで帰ればいいや」という感覚で、彼にはメッセージだけ入れておいて府中へ走ります。彼の家は一見わかりづらい立地なんですが、以前函館に帰省して我が家で遊んでいた時に見た「グーグルストリートビュー」のおかげで、難なく自宅までたどり着いてしまうという、これがストリートビューの素晴らしい(恐ろしい?)ところ。自宅はやはり留守で、じゃあ帰ろうか。。。というタイミングで彼から携帯に連絡が。間もなく帰宅するということで、近くで少し時間を潰してから再訪問。数年前に購入した新居は2Fリビング+ロフトなど遊び心のあるつくりで、居間の太い梁からぶらさがる手製のブランコで、ため家の子ども達がうちの息子達の数段高いテンションではしゃいでいる姿が印象的でありました。函館から走ってきた愛車を見て一瞬あきれ顔を見せたため君、突然の訪問で失礼しましたが、どーぞガキの頃からの仲に免じてお許しを。。。

 夕食は彼の家の近所の和食レストランで済ませ、帰りは調布IC→4号新宿線→中央環状新宿線で西池袋へ。この中央環状新宿線は、かつての自分の生活エリアの一つだった山手通りの地下に長いトンネルを作り、数年前に開通したばかりだったので、ここも今回走りたかったルートの一つだったのでした。昼に走った東京港トンネルといい、トンネルづいた一日でありました。

 ホテル到着22:00で本日終了、で済ませないのが自分流で、最後は昔の呑み仲間がやっている練馬駅北口の小さなバーをアポ無しで訪れるべく、西武池袋線で繰り出します。雨降る祝日の深夜ですから、普通の飲み屋さんは開いていないわけで、まあ閉まってたら仕方ないかと思いつつ玄関まで行ってみると、ちゃんと開いてたりするのが普通じゃない彼のキャラクター(^_^;アポ無し訪問で彼の驚いた顔を楽しみつつ、数年ぶりの再会で他愛ない話をして過ごした東京の夜でした。


最終日につづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ETC1000円で函館~東京(2)

 5月5日こどもの日、ETC東京ドライブ2日目は眠いながらも7時起床でスタートです。ささっと身支度整えて、8階の自分の部屋から3階のカミさんの部屋へ荷物を一度入れ4人で1Fの朝食会場へ・・・エレベーターを下りるとそこは大・混・雑!ただでさえ狭い東横インのロビー、テーブルは満席、臨時開放している会議室もほぼ満席、順番を待つ人達。。。こういう時は小さな子どもを連れている利点なのか、食事が終わりかけの家族連れがその席を譲ってくれたりして、ご好意に甘えることに。さすがGWは混むねぇなんていう話をしながら朝食を済ませ部屋に戻り、荷物を持ってフロントへ下りるエレベーターを待ちます。

・・・が、来ない。ようやく来たと思いきや満員で乗れず、再び上がっていったエレベーターはぜんぜん下りてきません。待ってるこちらは3F、ホテルは10F以上あって、そんでエレベーターが一基、困ったことに内階段もない(非常用外階段のみ)という作りなので、どうにも下がりようがないのです。上の方から満員を示す「ブブッ」というブザー音が聞こえてくるとまた乗れないのが確実なわけで、そのうち3Fのエレベータ前にも4組くらい客が溜まり、不満が出始めます。そして誰ともなく非常階段突破の声が上がり、みんな後に続くことに。

 チェックアウト後、立体駐車場から車を出すのは客自らが操作せよということで、操作マニュアル通りにボタンを押したにもかかわらず、非常停止で操作不能になってしまいます。係員を呼んで復旧作業をしてもらい、全部あわせると結局20分くらいタイムロスしている計算に。8:30ようやく出発、本日最初の目的地は仕事仲間のつね吉君の新居がある小山市ということで、福島西ICから栃木ICを目指します。途中の矢板IC付近は渋滞の名所でもあるのですが難なくクリアし、高速を下りた後は黄金色の麦畑のなかを小山市へ急ぎます。無事つね吉君宅に到着しモダンな新居の見学をさせていただいた後、彼らのナビで評判のいちご農園を経由し、昼食はこれまた評判の佐野ラーメン「おやじの店3号店」へ。あっさり系スープに平たい縮れ麺は自分好みのテイストで、美味しく頂くことができました。

 15:00おやじの店出発、つね吉夫妻とはここで別れ、次の目的地はさいたま市の鉄道博物館。東北道の佐野藤岡ICへ戻るルートは大渋滞中だったため、別ルートの国道122号でさいたまへ向かおうと館林まで辿り着いたところで、こちらも大渋滞にハマってしまいます。10分たっても200m位しか進んでないという、本州の渋滞の恐ろしさを久しぶりに思い知らされ、待つことに不慣れな道産子は「したっけもう我慢でぎねっ!」と、進路を館林ICに変更、これが結果的に正しい選択で、16:30、鉄道博物館へ到着。閉館時間は18:00なので駆け足で見学するもやはり時間切れ、長男君も名残惜しそうな様子。また次回のリベンジを決意し、次は練馬在住の叔父宅を目指し新都心西ICから外環大泉ICへ。1時間少々の滞在で叔父&叔母&いとことマシンガントーク(^_^;叔父宅を後にし、遅くなった夕食を取ろうと向かったのは、北海道から全滅してしまった中華のバーミヤン高田馬場店。後輩達とおぼしき学生集団で賑わう店内、なんと偶然にもETCカード持参で15%割引キャンペーンをやっていてトクをしてしまいました。

 今日と明日の宿になる池袋西口のホテルメトロポリタン到着は22時。親はなんだか疲れてますが、息子達が元気でテンションが高いのは有り難いやら大変やら。明日はスロースタートと決めて眠りに就いたのでした。


つづく。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ETC1000円で函館~東京(1)

 前回記事からの続きを書こうと思ったら、あれやこれや身の回りにいろんなことが起きてしまい、あっという間に1か月前の出来事となったETC1000円の旅。

 世間からは愚策だの温暖化助長だの不公平だのいろいろ言われるETC1000円ですが、愛車で47都道府県ほとんどを走破している自分としてみれば、こんなチャンスは黙って見過ごせるわけもなく、カミさんと6歳直前&2歳直前の息子達も連れてのドライブを決断したのが5月1日。

 それからルートと宿を練り始めるも、組み合わせのパターンによって安く上がるもの、高くつくものの差が激しく、フェリーや宿も僅かに残る空室空便を探しながら、針に糸を通すようなプランニングで、なんとか全行程予約確定したのが翌2日深夜。3日は函館で用事を2件こなし、あっというまに出発日の4日。

 スタートは12:00発の道南自動車フェリー、これはネット予約で10%引のうえスマートチェックインになっていて、フェリー乗り場の車両ゲートの発券機にケータイをかざすとすぐに発券、そのまま乗船することができます。

 穏やかな津軽海峡を航行し定刻青森港着、ここから仙台在住の友人W君夫妻の自宅にほど近い「ロイヤルホスト北仙台店」目指し先を急ぎます。東北道へは時間短縮を図るべく最短距離の石江~三内地区の地元道を抜けて青森ICへ向かい、高速に入ってからは途中休憩一切無しのハードドライブ。。にもかかわらず息子達がグズらずドライブを楽しんでいるのは奇跡なのか、それとも同じ血が流れているという証なのか(^_^;途中渋滞もなく、19:30過ぎには仙台の泉ICへ到着、テレビで見たように出口ゲートの「割引1,000円」の文字に歓声をあげ、20:00にはロイヤルホストへ無事到着です。W君達と夕食をとりながらの懇談もあっという間で、21:30にはおひらきに。

 本当ならそのまま仙台市内で一泊が理想だったわけなんですが、さすがに直前の検索だったこともあって、どの予約サイトで調べても全て満室という状況ゆえ、初日の泊まりは更に南下した東横イン福島駅東口であります。てことで仙台西バイパスから仙台宮城ICに入り、少し走った村田JCTの先で、予期せぬ渋滞20kmに捕まってしまったのです。。時刻は22:00。息子達は後席で寝てくれてるのでいいとして、チェックインは一体何時になるのであろう。。と思いきや、意外とさらっと流れてくれて、福島飯坂ICで高速を下り東横インは23:10着。残りギリギリで押さえたシングル2室ですが、東横インは添い寝の子ども無料というのがポイントで、支払も商品券が使えちゃうもんで、家で余していたビール券を持ち込んで安く済ませてみました。

 深夜の到着ってことでホテルも静まりかえっていて、翌朝の7時起床8時出発のスケジュールを打ち合わせしてすぐに部屋へと別れます。パパ&長男組は殆どバタンキューで寝入ったのでした。翌朝起こる混雑騒動など知る由もなく。。。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »