空き地だらけ

になってきたなぁと、結構心配しているわがまち函館の中央地区。

前記事にコメントくれた、我が家と同じ町内会の三代目さんが、「このへん高すぎ!」って書いてましたけど、実はこのあたりの土地価格は自分が家を建てた頃からも結構値下がりしてるんだなということが、うちから徒歩10分もしない市電通り沿いに物件を買った人の話から判ったわけです。

ちょっと考えれば、確かに、値段が下がるしかないのがわがまちの土地価格。
人口が激減してるんだから、土地を買おうなんていう人も激減するし、新しく商売しようっていう人も減るだろうし。30~40代のマイホームを必要とする世代も少ない。土地を必要とする人が減るから値段は下がる。

それでもハウスメーカーは桔梗とか上磯とかに大規模開発して家を売る。上磯の某小学校はここ数年で道内有数のマンモス小学校になったっちゅーくらい家が増えてるようで。でも、こういう手法も曲がり角にさしかかっていて、某エリアに大規模開発を進めた住宅メーカーも苦境にある様子。

ある時期に集中的に開発されたニュータウンは、30年後どうなるか。東京だと高島平、多摩、町田など、高齢化のスピードが都心以上に速く進んで、それまで集積していた都市機能が一気に失われていくことになるんです。函館もそれは避けられません。

2008年7月の住民基本台帳人口を見てみます。65歳以上の老齢人口比率は25.7%。市民の4人に1人が65歳以上というだけでもクラっとくるわけですが、さらに、いままでニュータウンと思われてきた地区でさえ、老齢化率が25.7%を越えてしまった地区がたくさんあるということを、ほとんどの人が知らないのではと。

ここに書くと、みなさんもイメージが変わると思います。老齢化率が市内平均以上の「ニュータウン」。
西旭岡町2丁目  25.8%
美原4・5丁目   26.0~26.4%
日吉町2~4丁目 26.8~31.3%
東山2丁目     27.2%
上湯川町      28.7%
榎本町       29.0%
高丘町       29.9%

これらはいずれも昭和50年代から団地として開発が進められた地域。核家族世帯が家を建てて移り住みました。やがて子は育ち実家を離れ、残った夫婦二人暮らし。さらに別の場所に住む親世帯は、天寿を全うする時期です。親亡きあと主を失った空き家をどうするのか、自分たちは団地でどう暮らすのか、自分たちの子どもは函館にはおらず、いずれ相続しても空き家空き地のまま遊休資産と化し、売却するにも買い手はみつからず、不動産評価額は低く。。。なんていう話が、もっともっと増えてくるんです、このまち。その結果、空き地空き家だらけになる。いや、もうなってきている。

アメリカの無謀なサブプライムローン破たんに始まり、東京など大都市圏の上場企業の不動産業者がバタバタと倒産。そして、わがまちの空き地が増えていく姿。

そんな状況をまのあたりにすると、不動産の資産価値を前提にした運用・取引・融資という経済活動のあり方が、問われ始めているような気がしています。


・・続きの関係ネタもいろいろありますが、眠いので今夜はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

感動バス通勤

ここんとこ、地味に感動というか、すげーなぁと思っている話。

通勤で使ってる地元の函館バスなんですが、6月に新型ハイブリッド車両を導入したというニュースがありました。
この話、新聞で読んで「ふーん」ってかんじで読み流してたんです。函館バスは市営バス事業を吸収したのち、市の補助金がついてたりすることもあって、毎年数台ずつ新車のバスを入れてますから、その延長線だなーと思いつつ。

導入されたのは2台。でも、路線バスって凄い台数があるので、いつその新型車両に乗れるかもわからんし。

・・・と思ったら、仕事終わりの帰り道、バスのりばで待ってたら、これが来たわけです。
整理券を取りまして、空いてる後部座席に着席、クラクション一声して発車であります。

ひゅーーーーん。

あら??なんだか音が違う。なんでだろ。
と思って前方を見ると「100%モーターで走るバス。エンジンは発電のみ」というメッセージが。

ええええ~??
ついにバスもそこまで来ちゃったわけですか。
小さい頃見たのりもの図鑑に、電気で走る「トロリーバス」ってのが載ってましたが、このバスはトロリー線がなくても電気で走る。電気「自動車」ってのはちょくちょく導入事例を耳にするようになったけど、電気バスって、もしかして凄いかも。。。と。

だって、電車じゃないんだよぉぉ。。。バスなんだよぉぉ。
バスなんだけど、電気なんだよぉぉぉぉ。。。エコなんだよぉ。

降りる時には、「技術って凄いわ。。時代って凄いんだわ」と、すっかり感動してしまい(^_^;
世の中のバス全部このタイプの車両になったら、電車(市電)もいらなくなるんだろか?みたいなことを考えてみたり。

で、こうして気になり始めてから、あらためてネットなんかで調べてみると、今月(7月)時点で国内には9台しか導入されてないことがわかって、もっとびっくり。東京のバス会社に3台、名古屋のバス会社に4台で、その次に函館バスが2台も買ったというのは、なかなかやるじゃん、みたいな。日本で9台しかないバスに乗れるってのは凄いことなんじゃないかなと。

この際、函館バスも名古屋みたく基幹路線ってのを作って、その路線を5分間隔とかで、ハイブリッド車両だけで運行させれば、「市電」ならぬ「市電バス?」ができあがっちゃったりするよなー、とか。

いちど乗ってみるかーという方には、先日自分がその情報を得る方法を発見したので、こっそり公開(^_^;
函館バスのバスロケーションwebサイトで「バス接近時刻検索」で検索すると、結果表示の欄のひとつに「ノンステップH」って書いてるんですよ。Hってのが多分ハイブリッドの略なんでしょね。

ま~、すごい世界になったもんだぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

究極の選択

って、深夜放送育ちの人には懐かしいフレーズっすよね。
どっちか食べなければならないなら、カレー味の○○○か、○○○味のカレーかっていう。。

いや、そういう話をしたいのではなくて。
ひとつのモノゴトについて争点が生じた時、どうやって解決すればいいか、いつもいつも悩んでしまうのです。

争点があって、2つのうち1つを必ず選ばなければならない時、その選択にはいろんな方法があります。

信念で選ぶ。
正義で選ぶ。
感覚で選ぶ。
利害で選ぶ。
立場で選ぶ。
評判で選ぶ。
人気で選ぶ。

争点である以上、自分がどんな選び方をしても、そうと決めた理由をきちっと説明できなければならない。
難しい争点であればあるほど慎重にもなるし、きっちり前提情報を得てから判断したいとも思うけど、情報を得れば得るほどよくわからなくなっていくこともある。

あるいは、自身の利害と直結する争点であれば、自身にとって不利益にならない選択をしようとするのが人間の習性なのだけど、その選択は自身を孤立させてしまうかも、と予想できたりすると、妥協も入れてみたりとかもする。

またあるときは、人気と評判とを睨みながら、勝ち馬に乗ることだけに意識を集中させてみたりもする。


ここのところ、自分の仲間の多くが「弥生小学校解体新築問題」というものに関心を寄せています。
教育委員会の方針である解体新築に対して、景観形成建築物であり函館の歴史上価値の高い同校校舎を保存活用すべきとの街の声が日増しに大きくなりつつあります。

「で、あなたはどう思う?」と問われれば、そりゃもう悩むわけです。


信念で選ぶ。
→知恵を絞って古いモノを再活用してきたからこそ、この街の今がある。学校だって例外ではない。
正義で選ぶ。
→どうやら利権絡みの背景もあるとの噂だし、それが前提の建て替えなんて言語道断。
感覚で選ぶ。
→歴史的価値ったって校舎じゃ観光スポットにも成り得ないし、残せったってあと何年残せば納得してくれるんだろか。
利害で選ぶ。
→利害は無いわな。。対立側の人から「アイツはわかってないよなー」って言われるくらいか。
立場で選ぶ。
→幼稚園児の親という立場で言うとすれば、進学する小学校は新しくて機能的なほうがいい。
評判で選ぶ。
→市民以外にも多くの人が歴史的価値の高さを評価しているってのは凄いことだ。
人気で選ぶ。
→仲間内の過半が建て替え反対って言ってるし、自分も反対って言ったほうが無難か?

そもそも論までさかのぼると、
○市内には48も小学校があるのに、ここの注目され具合ってちょっと特殊。48分の1の問題って見方をすれば、そこに「俺も市民だから」って言って議論をけしかけるのは、どうにも気が引けるし。

○歴史的価値という視点は殆ど育ってないと思われる生徒達が「新しい学校のほうがいい~!」っていうのは当然なことで、そういう子どもの声を聞いた親だって、子どもが望んでいるんだから、という思いになるのは自然なことだろうし。

○学校を残すとか潰すとか建て替えるとか名前変えるとかって話は、超少子化の時代ですから、わがまちでも今後ますます増える問題ですよ。毎回こういう議論してたら、当事者の人達は大変だわ。。。

○新しいほうの西小学校を弥生小学校として補強改修して残せば耐震問題も解決するし(既定方針前提では無理とのことだけど)、いまの弥生を旧弥生校舎として残せば、どちらの思いも叶う。。。てのは卑怯か??


「・・・・・・結局どっちなのよ!」と問われましても。

・・・どっちも俺ですよ。
なーんてな。(和久さん風)

関心ある人は7月28日夜の市民向け説明会に行ってみよう~。

じゃあの。(書き逃げ宣告)

| | コメント (2)

今年も映画祭スタート。

日付が変わりまして7日金曜日。
今日から3日間、イルミナシオン映画祭でございます。
http://www.hakodate-illumina.com/
今日は会場設営で23時半帰宅。
祭直前の雰囲気が好きなんですよね~。みんなにわかにテンションが上がっていく姿とか。

昨年同様、ほとんど事前作業に関われなかったのは辛いトコで。
つい先日も、遅くまで仕事して乗った終電に、次の停留所で乗ってきたのが映画祭スタッフ仲間。
同じく連日の残業帰りってことで、車内のひととき、抱えるものが増えた身を互いにぼやきながら気を紛らわす、サラリーマン12年目の二人なのでありました。


けっきょく、今年の会期中も勤務やら家事やらで1日分少々しか参加できなかったりするわけですが、日曜日は会場のどこかにいる予定ですので、遊びに来て下さいまし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

がむばれ地元デパート

函館駅前、棒二森屋。
言わずとしれた函館の老舗デパートっすが、いつのころからかダイエー傘下。

で、今回のダイエー再建に絡んで存廃問題が浮上して、ちまたではいろんな噂が飛び交いました。
このたび正式に「当面存続」の方針が打ち出され、東北地方の百貨店グループと統合され新会社として出発することが決まりました。

ほっとしました。
僕は好きなんです。このデパート。
徒歩10数分の地域で育ったというのもあって、小さな頃から思い出もすごく多い。
7階に大きなおもちゃ売り場があった頃。大食堂の食券売り場の行列。窓際に座れた時の喜び。屋上で仲間と語らった中学時代。アネックス館が出来たときの斬新さ。当時の家電製品売り場のきらびやかさ。

往時に比べれば、店員さんも高齢化して、百貨店としてのおもてなしレベルもちょっと落ちてきた気もしますし、売り場もテナントが少なくなって、品揃えも賑わいも落ちてきました。単年度黒字は出してるようですが、売上げも厳しく推移してるようで。

でも、我が家はこれからも使い続けますよ。
デパート系の格のモノを買うときは、棒二で買うようにしてたりしますし。

進むニッポン高齢化社会の先頭を走る函館の街。
商業施設が郊外型のスーパーだらけになったら、きっと自分たちが老人になったときに泣きをみるんです、まちなかではモノを買えないからと。豊かな老人は車を乗り回せるから関係ないとおっしゃるかもしれませんが、車を買ったり維持したり出来ない「豊かじゃない老人」も確実に増えているわけで。
(既にこの街の自動車保有台数は減少に転じています)

だから、まちなかで買い物が出来る拠点をまもらなくちゃならない、と思うんです。
当面厳しい経営を強いられるのかもしれませんが、この街に暮らす人達が、貴重な地域の財産として、このデパートを使いながら守っていくことをほんの少し意識してくれたら、応援団としてはウレシイ限りです。

ガンガレ棒二!

(新聞記事)
http://www.ehako.com/news/news/5899_index_msg.shtml

| | コメント (3) | トラックバック (0)

民営化エレジー

子供を持つと、将来のことをより深く考えるようになります。

自分自身、国家財政健全化というテーマに関して、どの党も歳出削減・歳入確保の具体的説明を行わなかった中にあって、郵政民営化には期待を抱いたわけなんですが、我が地元ではそれ以外の複雑な事情も抱えており、いろいろ思いを巡らせた上で1票を投じたところでした。

選挙前から言われていましたが、今日もニュースでどこかのキャスターが「自民圧勝で争点だった郵政法案は早々に通るだろう。では、その後に続く公約や政策案について、投票時に一体どれだけの国民が目をやることが出来ただろうか」とコメントしていました。

日本電信電話公社、日本専売公社、日本国有鉄道。
これらはこの街にもたくさんの雇用を創出し、たくさんの家族がいて、地域を賑わわせ、地域経済に寄与してきました。昭和55年、この小さな函館の街には今(*1)より4万人も多い32万の人々が暮らしていたんです。電電公社・専売公社の民営化が行われた昭和60年頃から人口減少がハイペースになり、昭和62年の国鉄民営化と63年の青函連絡船(国鉄青函船舶鉄道管理局)廃止が人口減の決定打となりました。NTTもグループ会社の分割・統合を繰り返しながら縮小し、JTは平成17年の今年、函館工場を閉鎖しました。
(*1-H16年12月合併直前の旧函館市域)

もちろん民営化によって、当時と同等もしくはそれ以上のサービスが、より効率的な組織・人員で提供されるようになりました。私達も事実それを享受しています。電電公社とNTTを両方知っている人間も「リストラ瀬戸際でノルマ営業に歩く今から見れば、電電時代の仕事は楽だった」といいます。でも、すっかり人は減ってしまいました。

民営化が国にもたらした功績と、地方にもたらした影響。

函館でこうなんです。函館よりも田舎なら、その影響はもっと大きいってのは容易に想像できます。
加えてこれまで官依存体質と言われた北海道の公共事業費削減は建設業を中心に影響を受けていて、ダブルパンチ状態に陥っているわけです。

郵政民営化自体も、一度決まって実際にスタートして、何年か経ってその功罪が語られるとき、かならず地方・田舎の現実が映し出されるはずです。そのとき、地方においてはきっと厳しい現実が待ち受けているのかと思われますし、そこで振り返ったときに「一体郵政民営化フィーバーは何だったんだ」と思わされるに違いないとも思います。

それでも自分が郵政民営化に期待する理由は、自民党をぶっ壊してでも改革すると孤軍奮闘する小泉首相へのエールでもあり、そしてもうひとつ、戦後50年たっても結局自立することを考えてこなかった北海道経済への自戒の念と未来の可能性、新たな産業経済の興隆を信じてのことです。

変わるべき時に変わらない限り、物事はそうかんたんに動いてはくれません。
それが未来のためならば、やはり今変えていく必要があるのではないかなと。
時代は変わりつづけていきますから。

地元への利益誘導のための政権与党への投票、という旧来型の構図は、改革与党として生まれ変わった今回で完全に崩壊してしまいました。

では、これからの政治に望むべきことな何なんでしょう。僕はこう考えます。
地方に必要な政策は自立した経済を育てる事、国に必要な政策は子供が希望を持てる国をつくる事。


小さな小さな職場の中で改革の重要性を感じ、国と地方の矛盾に悩み、あり方を考え、家族の明日を思い、今日も有り難く暮らしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルバー

外で呑む酒は久しぶりに味のあるキモチのよいものでありました。
キャンプでもビアガーデンでも外で酒は呑みますが、今回はひと味違いましたからねぇ。

「モバイルバーカウンタープロジェクト」という、慶応大学の研究事業。
http://htanaka.sfc.keio.ac.jp/bar/
港に突き出た、今はもうオブジェ的にしか存在していない桟橋にカウンターバーを設置するという、「公共空間のデザイン」研究実験なのでした。
港、夜景、潮風、バー、カクテル。全てが絶妙なブレンドで、いっそうその味わいを引き立たせてくれたというわけです。

本番はおととい8月30日、本日9月1日はふりかえりを中心としたワークショップ。いろいろな意見や感想が出ていました。個人的には、かつてのライバル慶應の若き学生が、いまの時代に何を思い考えているのかを自分の目と耳で確かめたかったという興味もありまして。

バーに訪れた250人のお客さんもそれぞれの楽しい時間を過ごしてたのではと思います。思いがけず一昔前の呑み仲間と再会したりとかも。

一部には「何が公共空間のデザインなの?」的なシビアな意見もあったようですが、この街のあの場所で彼らがこのようなプロジェクトを行ったという事実は、ともすると過去の遺産的に市民から遠い存在だったあの場所を再び照らし出すという点で、きっちりとテーマを実践してくれたんじゃないかと感じてます。

学生達が東京にもどってからの、総括報告がたのしみなのでありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イベント多すぎ2。

いつぞやの7月下旬の週末と同じくらい、あっちゃこっちゃでイベントの多い今週末。
あえてコメントせずにざばっとご紹介。

YOSAKOIソーラン第3回道南大会
 前夜祭8月27日・本祭8月28日
 クイーンズポートはこだて会場・金森赤レンガ倉庫会場・大門グリーンベルト会場

○24時間テレビ協賛24時間フリーマーケット
 8月27日18:30~8月28日18:30
 クイーンズポートはこだて

第10回ざいだんフェスティバル
 8月28日10:00~ 函館市民会館・同前庭

○はこだて自由市場まつり
 8月28日8:00~昼前 同市場内

○銭亀沢商工会青年部 黒豚まつり
 8月28日 志海苔ふれあい広場

さぁ、いくつ回れるか、れっっつちゃれんじ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のほうがハード

なんです。

先週の土日といえは、土曜はとあるモデルハウスの見学に始まり、友人宅で昼食を取り、午後カミさんを美容室に送り届けて子供の面倒をみつつ、夜は会議で外出。日曜は午前に仕事で試験監督、午後から友人宅でホームステイしている留学生の送別会、夜は6月末に開催されたどさん子フェスタの打ち上げ。

今週は3連休にもかかわらず、土曜は夕方まで当番で働いて、夜はまちづくり系団体の会議を経て懇親会そして更にひとりで飲み直し。
日曜は函館競馬場に波田陽区を見学後、数年ぶりに1レース馬券を買って3千円ほどgetしつつ、大門祭に顔を出し、ヤマダ電機に扇風機を見に行って、いったん帰宅後夜は函館港花火大会を見学。
今日月曜は今日で午前中はたまったビデオを見つつ、午後からあちこち買い物と用事をこなしていきます。今日のメインは先週オープンした「ホーマックスーパーデポ石川店」。ホーマックチェーン最大の売り場面積1万4千平米ってのは丸井今井函館店なみの広さ、すごい品数だということと同じくらいすごい客足。昨日のJRAや花火大会もそうなんですが、繁華街に人が少ない函館でも、いるところにはちゃんと人がいるわけで、ほんと不思議な街です。

家を出発して、妻化粧品→妻職場→鍛治生協→昭和タウンプラザ→ホーマック石川→GEO昭和→ダイソー亀田本町→アドマーニ白鳥→実家→自宅と、今日立ち寄った先は9カ所。車社会は便利ではあるんですが、移動距離は長いし、渋滞に巻かれ駐車場に辿り着くと子供を抱きかかえ降りたり乗ったり荷物を運んだりと、さすがにこれだけ回って歩くと家族みんなへろへろであります。

家を片づけるためのものをいくつか買ってきたのですが、片づける時間もなく夜も更けて参りました。
つぎの週末はなんとか一日たっぷり家で過ごしたいと願うのであります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「いいかげん」にまちづくり

仕事は落ち着きをみせつつあります。
が。
それ以外のこと、おうちのことも含めていろんなことが頭をぐるぐるしています。

たとえばひとつ、いま地域づくり系で、まだ基礎固めまでもいかないような「くい打ち」段階の企画が進んでます。この企画、いろんな人達の力がなければ実現できないことなんですが、いろんな人達がいすぎて、うまくまとまるかどうかすら確証が持てないまま走ってます。
そんななかで、まちづくりの主要なメンバーと話をしているうちに、地域活動を継続させていくために必要なのは、もしかしたらある意味での「てきとう」「いいかげん」な心のありようなのかなと思えてきました。
それぞれの集団や趣旨や目的、主義や主張があって活動しているわけですが、あまりにもそれが強すぎると、団体同士が相容れなくなって、せっかくの貴重な地域の活力が分断されてしまう、そんな事例をいくつか見てきました。

たしかに、正義正論を説いても、ものごとはなかなか進まない。
職場における私もちょくちょくそういう状況に陥りがちなので、テキトーな自分を演出することも時には必要なのかなと。
地方都市でできるだけ長く地域活動を継続していくためのヒントがこの言葉にあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)