システム担当者の孤独

おひさしぶりでした。


当blogでご承知の通り、今年に入ってからの職場のあれやこれやによりまして、ストレスですっかりカラダがやられてしまい、追い打ちをかけるように4月は業務システムの全面更新なんかの仕事も重なって、休日出勤&残業&サービス残業が過労死レベル(労災認定確実。。。)な状況でありました。

それも4月末でだいたい片づいて、5月のGWは暦の良さに乗じ、病みかけたココロとカラダをリフレッシュすべく、サラリーマン生活15年目にして初の10連休に。(4月ほとんど休みがなかったということもあり)

で、そのGWのあれやこれやでリフレッシュ出来た話は別に書くこととしまして、長い休みのうちに結局やっぱり考えてしまった仕事の話(やっぱ病んでるな。。(^_^;)

中小企業のシステム担当者ってのは一般論で言いますと、IT化に関する明確なミッションが組織になく、あったとしてもその場その場の状況(お金のあるなし、はやりすたり、役員の好き好みなど)に左右され、専任部署もなく、そのせいで、その分野に精通しつつ理解や判断や決済をしてくれたりする上司がいない(or少ない)こともあたりまえで、とにもかくにも自らの信念のみが頼りの、孤独な仕事といえます。

例えば、社内のIT推進の場合、web等を活用した発信系の事業を除けば、仕事で関係するのは業者と同僚達に限られて、どんなに頑張っても、外のお客さんとは一切関係しないわけです。
こういうとき、自分の中では「社内のIT推進で社員のパフォーマンスを上げることで、会社全体の事業サービスの向上に貢献できるはず」というように、前向きにこじつけて考えているわけなんですが、理想どおりの利活用をしてくれる同僚もほんのわずかで、ときどきハラ立つような使い方をしてくれちゃってる人もいたりとかで。

さらに辛いのは、これまでもaccessとかで業務システムを何本も構築して、業務効率化と、それによる人件費削減を実現させてきたなかで、構築から長い時間がたつと、当時の業務効率化の喜びも忘れ去られ、やがて「システムは動いててあたりまえ、制度変更時やトラブル時のシステム修正は作った人間の仕事」みたいな状況に陥り、挙げ句の果てに「そもそも、システムに入力する自体が面倒!」みたいな声も出てくるのが現実で、その本末転倒ぶりにはあきれてモノも言えなくなるばかりか、サーバにある業務ファイル全部ぶっとばしたい気持ちになるわけです。

実際の仕事内容にしても、その地味っぷりを今回のシステム更新でお話ししますと、

1)システム更新のコンセプト構築、狙うメリット(TCO削減)などのポイントチェック、機器選定、予算策定、見積依頼、提案チェック、打合せ、稟議書作成、移行スケジュール作成
2)ネットワーク設計と新旧環境の移行ステップ確認、電源容量等の計算
3)クライアントPCを新品に更新する際の、必要なアプリケーションソフトのセットアップ、メールやネット環境、個人ファイルの新PCへの引き継ぎ、新PCを自社の業務システムにあわせる環境設定の作業。
・・・事前にバックアップして、新PCへコピーして、環境設定てな具合で、1台に30分かかるとすれば、30台で900分=15時間。もちろんこういう作業にトラブルはつきものなので、この3割増くらいが実働時間。
4)この作業をシステム業者のスタッフに手伝って貰うために、評価機での事前の作業フロー確認、トライ&エラーのチェック、作業指示書の作成
5)クライアントPC以外の作業。機材レイアウト、L3スイッチやらルータやらプリンタ関係の設定変更、VPNの環境変更、内線IP電話の設定、独自で作ったシステムの稼働チェック、もちろん配線の取り回し&結束作業も。


こんなこと、ぜんぶ業者に頼めば済むじゃん?とお感じのアナタ。
そんな外注できるようなお金が会社にあればいいんですけどね。。。

でも逆に言えば、システム開発でも更新作業でも、こんだけ目に見えるカタチで会社の経費削減に貢献してるわけでして、そのあたりの貢献度は報酬面で反映させて欲しいってのは偽らざるホンネ。

しかし、世の中そうは甘くないのです。。。
春から一層給料が削られ、不本意ながら、なお一層会社の経費削減に貢献してるわけでして(T_T)
(全員一律なので仕方ないですが)


こんなひどい環境ゆえ、「やってられっかぁぁぁー!」とばかりに、東京まで雲隠れの旅にでたのが5月4日でありました。
以下つづく〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コメントに代えて

深夜に書いたラブレターは読めたもんじゃないといいますが、
深夜のストレス発散カキコミもまたヒドいもんですな。。。我ながら。

とらにゃんさん、アイさん、わいふるさん、ほかDM下さった皆様、どうもありがとう。
多くの人に支えてもらっていること、本当に有り難う。

いまは、自分が勝手にココロのバランスを崩してて、抱えている閉塞感も自分のなかだけの感覚です。会社が突然切り替わったように悪化し始めたということでもないし、同僚達にとっては日常となんら変わりないはずです。

ただ、そういう感覚で働いている人達とのギャップが、自分を苦しめる一因になっています。
さらに、その苦しみは、実はどーってことないレベルのものであるということも、自分はわかってしまっています。
本当に立ちゆかないような困難に当たっていたら、こんなことで悩んだりぼやいたりもしていられないのですから。


自分が変わることさえできればと、ことあるたびに痛感します。
もっと自分に政治力があれば。カリスマがあれば。ムードメーカーならば。優しく言うことができたなら。笑わせ上手なら。
自分が変わることさえできれば、職場は確実に変わることでしょう。

でも、小手先の表現技法を変えたところで、14年間でこびりついた社内でのポジションやキャラクタは、簡単に変わるもんじゃありません。そこが中小企業における人間関係の悩ましいところです。

今年は15年目。サラリーマン生活もほぼ折り返し地点です。
また15年かけて、自分も変わっていかなくちゃならんな、いまはそんなことを思ってます。
時が流れて振り返った時、あぁあのときは病みかけてたんだな、と、思い返せるように。

今日は早く眠れそうです。朝方目が覚めてしまわないことを願いつつ、おやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

失望

上司と同僚の皆様へ。

我が社で働いてまもなく丸14年の自分。
社に対してはここのところ、これまでに感じたことのない失望感でいっぱいです。
あまりの残念ぶりに、夜眠れない日も増えてきました。人の話では、うつの入口だともいえるらしく。

みなさんには、我が社はこうあってほしい、という希望はありませんか?
その希望は叶えたくはありませんか?
その希望が他の人が持っている希望と違うのであれば、お互いにとってよいあり方を模索するための議論だって必要ではありませんか?それがどこかで妥協せねばならないことであっても、妥協点を見出す作業は無駄ですか?

しょせん小さなムラ社会では、希望を叶えるための発言や行動は慎しんだほうが利口だということでしょうか?
頂く給料以上のことはしても無駄だとお考えですか?役員が強力だから何を言っても無理ですか?


・・・・別に革命を起こせといっているのではありません。問いかけに答える必要もありません。病みかけの人間の寂しい捨て台詞ですから。

ただひとつだけ、自分が言いたいこと。
それは、一番身近な共同体である「会社」という場で、共同体が幸福になるための議論すらできない私達に、本来課せられている使命である「まちづくり」の仕事なんてできるわけがない、ということ。
使命を果たせていない組織は存在する意味などありません。

そして、会社の閉塞感が、そのまま街の閉塞感、停滞になっているとも言えるんじゃないかなと。


いつから、どうしてこんなふうになっちゃったんでしょうね。
自由闊達に議論できた時代もあったというのに。
とにもかくにも、残念です。


あんまり中の世界(会社)に期待を持ちすぎると、失望したときに痛手が大きいということがよくわかりました。
こんなくらいであきらめる自分ではないのですが、ココロのバランスを崩しては家族に迷惑をかけちゃうので、これからしばらくは外の世界に軸足をおいて活動しますわ。

ようやく眠くなってきたので、おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょいちょい嫌な役回りを演じたり、

ラジバンダリ。

・・・寝不足なのですいません。
今日は自分のワガママに関するお話。

仕事のなかで、いてもたってもいられなくなって、他分野の業務に口を出してしまうって事が、年に1回くらいの割合で出てきます。

ちょうどいま、我が社のスタッフ全員に関係する、オフィスの環境変更に関する業務が進んでるんですが、スタッフ全員に関わる話なはずなのに、関連資料の提示とか意見集約とかがぜんぜん行われないまま役員と総務部門との間で話が固まりつつあって、配慮の無さというか、スタッフのほうを向いていないその感覚に、すっかり業を煮やしてしまった自分。

昨日は布団に入ってからこれを考え始めてしまって寝られなくなり、朝刊がポストに入った音を聞いてしまう、というくらい、この問題で頭の中がヤラレてしまっています。

ということで嫌な役回りは覚悟のうえで、今日は役員と総務部門の同僚に進言。
言葉を選んでやんわりと言ってはいますが、その中身は「仕事の進め方に問題有り」というようなことですから、どちらともいい顔するわけもなく。
こういう反応のときは、確信犯とはいえ、それなりにへこみもします。

ちょっと前にやっていた缶コーヒーのCMの、企画会議で結論がほぼ出てるというのに「やっぱり、これでいきませんか」とこだわりを言って否定され落ち込み、「あんた不器用だねぇ」と掃除のおばちゃんに慰められてしまう福山雅治の気分。

なにも口出しせず傍観を決め込んで、結果がイマイチだったときに「ほらいわんこっちゃない」と陰口を言うよりも、プロセスのなかで改善できるチャンスがあるなら煙たがられても口出ししておこう、というのが自分のココロであります。

・・・なーんて言い訳。
器がちっちゃいので(^_^;


ごちゃごちゃ書いてますが、要は「とにかく今夜はすっきり寝かせてくれい!」ということなのでした。ぐんない!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年俸アップ!

いや~、これは、頑張った甲斐がありましたよ~。
どんだけ上がったかって、7千万ってねぇ~、ダルビッシュ君。

・・・・。

プラス思考のタイトルにしてみましたが、ホントはがっつしマイナス気分の話です(^_^;
我が社は今日管理職の会議がありまして、ボーナス削減がほぼ決まりならしく。


じぶんなりにこの夏秋はがんばってみたんですが、それって売上には関係ない業務なので業績連動ってことでもなく、逆に、今年突如実施された某業務ノルマを殆どのスタッフがクリアできず、職場全体が地盤沈下してまして。

かくいう自分もノルマクリアできなかったんで何にも言う資格ないんですが。。。

。。。資格ないけどやっぱり書く(^_^;だって我が社、士気さがりまくりですから。。。

○おもいつきでノルマ設定するのはやめてほしいわー。
○ノルマ設定したならちゃんとケツもたたいてなぁ。
○スタートから一度も中間評価・点検の場もなければ、成績開示も情報共有もしてないってのはひどいんちゃうん?
○組織で目標掲げた結果がノルマ方式なのに、マネジメントは個人でやれってのはひどいんちゃうん?
○ノルマ設定業務だけを賞与査定対象にするってのも、イマイチとちゃうん?
○売上だけが評価基準だというなら、間接部門の評価はどーするん?

でもやっぱり、やってない人間が言う資格はないのですな。。。orz


我が社はちょっと特殊な会社ですから営業ノルマのあり方もなにかと難しいんですけど、エラい人にお願いしたいのは、事業活動のどこに軸足をおくのかというメッセージをはっきりしてほしいわけです。

そのうえで、直接・間接両部門双方が合理的と思える目標の設定をしてほしいなと。直接部門領域のスタッフには、売上向上や顧客満足度向上に関する評価項目でいいかと思いますが、間接部門領域のスタッフは、業務効率化とかコスト削減とか付加価値向上策とかQCサークル活動とか、そういう部分を評価項目にしてみればいいのではと。

・・・これができれば、業績向上&年俸アップも夢じゃない!
あとは、こーいうことを議論できる上司をみつけないと(^_^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日からスタート!!

みなさま、2か月のご無沙汰でありました。

夏以降、仕事もプライベートも、まーいろんなことがありました。
とはいえそーいうことを書く余裕も全くなく、稼働率150%くらいでいろんな仕事をまわしてきたわけなんですが、その殆どがもののみごとに集中したのが11月。

そしてようやく今日、なんとか峠を越えることとなりました。今日のお仕事はNHKもさっそくニュースで流してくれて、新聞各紙も明日以降、順次掲載してくれることと思われます。

ともあれこの仕事、今日が終わりではなくて、今日が始まりです。まだまだ長い道のりが待っております。
じっくりとりかかることにしたいと思います。

今週末はこの仕事の大納会を仲間達と行う予定です。
学生時代のごとく、今回は吐くまで呑みたいと思います。(吐いても呑みたいと思います。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

書きたいこと

いっぱいあるのですが、何も書けぬまま1ヶ月以上過ぎてしまいました。6月末にひと仕事片づいて、今月はようやく自分のペースに戻りつつあります。

なにも書けてない間にも、仕事仲間数名からこのブログで綴ったことに関しての話が出たりして、結構読んでくれているんだな。。と実感。良くても悪くても、自分が発している言葉について感想や意見を頂けるというのは、誠に有り難きこと。

たまたま昨夜は呑み会で、深夜に至るまでたくさんの仲間といい話をさせてもらいました。こういう時間を過ごすことで、仕事に向き合う自身の姿勢、態勢を定期的に確認したり、省みたり、新しい活力を得たりしていくのであります。これは、会社の中の人間関係だけでは決して得られないことで。

たしかに、答えが出ないのが最初からわかっているような議論とかもしますから、煮詰まってしまう場面もあります。ただ、そんな議論もちゃんと自分の意見を語り、ともかくは一度考えてみようとする仲間達。

感謝してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学で授業

行ってきました教育大。
まちづくり仲間の先生のゼミで、いま取り組んでいる仕事の話をしてきました。

事前に話の構成を考えずに始まっちゃったので、話の流れは多少強引な展開もあり、なおかつ時間オーバー。
持ち時間は90分授業のうちの70分、あっという間に過ぎてしまいました。


語ってるウチについ熱が入ってしまうのが反省材料だったりするわけなんですが。。。。
例えば、ここ笑うトコなんだけど。。。という話題があって毎回用意していくんですが、それって話す相手や対象によってウケたりウケなかったりすることがありまして、ウケない時って大概熱く語ってるほうの時で、んで今日も全くウケることなく(^_^;
要はこっちの熱さが原因で聞き手が構えちゃってるんですよね~。相手によって話術を使い分けるってのもそろそろ身につけなくちゃならんなと。

生徒さん約20名、大半は特にリアクションもなくじーっと耳を傾けてるだけなので、大丈夫かな。。どこか一部分でも何か感じてくれてるかな。。。と不安になったりもしますが、生徒達殆どが僕の目を見て聞いてくれてたので、そのことだけで、何かを感じてくれているような気がして、ありがたいことだなーと感じました。

若人達、聞いてくれてありがとう!

何を話したかってーのは、のんびり小出しに書きますんで。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無力感

基本前向き、プラス思考人間のつもりの自分ではありますが、年に何度か、とてつもない無力感に支配されることがあります。

今日はいくつかそういうことが重なって、ひさびさそんな状態に。

細かいことは書きませんが、
僕らが仕事を通じて「地域にとって最善なこと」を実践するために必要ないくつかの手だてについて、真っ向から反対されることがたまにあるわけです。

たとえば(以下は今日の出来事ではないですが)「郊外立地のメガストア進出は今後人口減少・消費低迷社会を迎える中で地域の商業環境を崩壊させ、生活者自身が不利益を被ることとなるので反対」という方針を組織として掲げていても、そのことにひとつひとつ反証し論破しようとするお客様も多く、そういう人が自分よりも目上の立場だったりすると、こちらからは決して反論ができないというもどかしさ。

たとえばもうひとつ、ステークホルダー(利害関係者)間で協議した結果を文章としてどう表現し記載するかという部分で、互いの意向を尊重せねばならないがために、互いの納得行くレベルまで延々と調整をせねばならない辛さ。

そして、そういう調整事が生じた時に、掲げたはずの理念を二の次にして、いちばん安易な答えを選ぼうとする傾向が強い我が社。そうやってたまにハシゴをはずされる自分。

組織として、決めた方針、掲げた理念があるのなら、ギリギリまで突っ張っていいんじゃないかなと。もちろん、突っ張る部分と受け入れる部分のバランス感覚はもっとも重要なんだけれども。

・・・残念ながら、それは期待するだけアホなんだろうな。
組織にビジョンを掲げる力があれば、もっとまともな組織になってるんだろうし。

今日は異動対象の職員に内示があったみたいだけど、それにしても世間からの評価などあまり関係のない、年功と情実による人事。

地域のあり方、組織のあり方。
ビジョンを語れない人、理念を保持できない人が組織を引っ張る存在になるのだけは勘弁してほしいわけですが、現実は残念なことばかりで、ただ無力感が漂う年度末でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

沖縄報告

2泊3日の沖縄出張は、観光振興の成功事例を学びにいくというのが目的。
行程はすべて会議(5本)でスケジューリングされ、訪問先もコンベンションセンター、観光協会、ビューロー、県庁、琉球大学と、ありがちな観光地巡りは一切組み込まれていない、Sな旅でありました(^_^;参加者から「せめてお土産くらいは買えるんだろうね?」という質問が出るくらいの過酷な行程。

ということで、仕事用の報告書は10ページにもおよぶ分量となりました。

沖縄は2度目ですが、現地の人達とみっちり懇談や交流が図れたのは大きな収穫。
いずれも断片ですが、自分なりに感じた沖縄のすごさを書き残し。

 まずはなんといってもその生活文化でしょうね。地元業界ではおもてなしの心が足りないと自省しているけど、琉球王朝時代から中国や台湾の有力者達を郷土芸能でもてなす風習があって、芸能振興が盛んな土地なので、根本的に「人に楽しんで貰う、和んで貰う」という精神風土が出来上がっている。

 真冬でも凍え死なないから「蓄え」についての意識が北国と決定的に異なってます。いろんなところで、なんくるないさぁ~(なんとかなるさ)という楽観性を感じ取れますからねぇ。その楽観性にも関連してると思うけど、沖縄のマイナス要素といわれている「失業率の高さ」や「求人倍率の低さ」に表れてこない労働流動があって、実際はみんなそれなりに生活している。そこそこ稼いでは離職し、金が無くなったらまた働く、ってのを繰り返すことに、ぜんぜん抵抗感がないみたい。その結果どんなことが起きてるかというと、国勢調査の数字では、近年の少子高齢化等によって全国で就労者数や所得額が下がる中、地方で唯一どちらも上がっているのが沖縄という現実。

とにかく、うちなんちゅー(沖縄人)の地元愛ってばハンパないってことは思い知らされました。仕事がなくてもぜーんぜん関係ない。

この県民性はなかなか真似できるもんではないんですけど、「働くトコもねーし、つまんねー街だし、こんなんじゃいられないわ」って言って街を去るわがまちの若者達に、爪のあか煎じて飲ませたいと思うわけです(^_^;

わがまちの地域性には、ちょっと卑屈な面が入り交じってますから、こいつをもうちょっと明るく前向きな指向にもっていくような仕事をせにゃーなぁと思ってます。

で、それについてのお話は次につづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧