究極の選択

って、深夜放送育ちの人には懐かしいフレーズっすよね。
どっちか食べなければならないなら、カレー味の○○○か、○○○味のカレーかっていう。。

いや、そういう話をしたいのではなくて。
ひとつのモノゴトについて争点が生じた時、どうやって解決すればいいか、いつもいつも悩んでしまうのです。

争点があって、2つのうち1つを必ず選ばなければならない時、その選択にはいろんな方法があります。

信念で選ぶ。
正義で選ぶ。
感覚で選ぶ。
利害で選ぶ。
立場で選ぶ。
評判で選ぶ。
人気で選ぶ。

争点である以上、自分がどんな選び方をしても、そうと決めた理由をきちっと説明できなければならない。
難しい争点であればあるほど慎重にもなるし、きっちり前提情報を得てから判断したいとも思うけど、情報を得れば得るほどよくわからなくなっていくこともある。

あるいは、自身の利害と直結する争点であれば、自身にとって不利益にならない選択をしようとするのが人間の習性なのだけど、その選択は自身を孤立させてしまうかも、と予想できたりすると、妥協も入れてみたりとかもする。

またあるときは、人気と評判とを睨みながら、勝ち馬に乗ることだけに意識を集中させてみたりもする。


ここのところ、自分の仲間の多くが「弥生小学校解体新築問題」というものに関心を寄せています。
教育委員会の方針である解体新築に対して、景観形成建築物であり函館の歴史上価値の高い同校校舎を保存活用すべきとの街の声が日増しに大きくなりつつあります。

「で、あなたはどう思う?」と問われれば、そりゃもう悩むわけです。


信念で選ぶ。
→知恵を絞って古いモノを再活用してきたからこそ、この街の今がある。学校だって例外ではない。
正義で選ぶ。
→どうやら利権絡みの背景もあるとの噂だし、それが前提の建て替えなんて言語道断。
感覚で選ぶ。
→歴史的価値ったって校舎じゃ観光スポットにも成り得ないし、残せったってあと何年残せば納得してくれるんだろか。
利害で選ぶ。
→利害は無いわな。。対立側の人から「アイツはわかってないよなー」って言われるくらいか。
立場で選ぶ。
→幼稚園児の親という立場で言うとすれば、進学する小学校は新しくて機能的なほうがいい。
評判で選ぶ。
→市民以外にも多くの人が歴史的価値の高さを評価しているってのは凄いことだ。
人気で選ぶ。
→仲間内の過半が建て替え反対って言ってるし、自分も反対って言ったほうが無難か?

そもそも論までさかのぼると、
○市内には48も小学校があるのに、ここの注目され具合ってちょっと特殊。48分の1の問題って見方をすれば、そこに「俺も市民だから」って言って議論をけしかけるのは、どうにも気が引けるし。

○歴史的価値という視点は殆ど育ってないと思われる生徒達が「新しい学校のほうがいい~!」っていうのは当然なことで、そういう子どもの声を聞いた親だって、子どもが望んでいるんだから、という思いになるのは自然なことだろうし。

○学校を残すとか潰すとか建て替えるとか名前変えるとかって話は、超少子化の時代ですから、わがまちでも今後ますます増える問題ですよ。毎回こういう議論してたら、当事者の人達は大変だわ。。。

○新しいほうの西小学校を弥生小学校として補強改修して残せば耐震問題も解決するし(既定方針前提では無理とのことだけど)、いまの弥生を旧弥生校舎として残せば、どちらの思いも叶う。。。てのは卑怯か??


「・・・・・・結局どっちなのよ!」と問われましても。

・・・どっちも俺ですよ。
なーんてな。(和久さん風)

関心ある人は7月28日夜の市民向け説明会に行ってみよう~。

じゃあの。(書き逃げ宣告)

| | コメント (2)

寝ながら考えたこと

カラダの熱は下がってきました。

さっきネットで調べてみたらば、頭痛と微熱の原因はどうやら風邪から派生した急性の蓄膿症(副鼻腔炎)っぽいです。薬のお陰ですこしずつ快復基調なので、今夜は早速遅れを取り戻すべく残業して帰宅。

寝ている時間が長いと、寝る前だったり夜中に目を覚ましたりしたときに、たっぷりと物思いにふけちゃいます。


例えば、自分はこの先なにを目指したいんだろうなーとか。

今担当している仕事は、学生の頃に自分が志した仕事のうちのひとつ。14年前に卒業論文で論じたことを実践出来ているんですから、こんなに幸せなことはありません。

とはいえその仕事=未来を描く仕事が成果になるのは当分先の話。
このご時世はなんだか、未来すら描けない雰囲気を感じます。そんなこと叶うわけないじゃん、みたいな。


僕が描きたい未来は、「古くて新しい地域社会の創造」。
「コミュニティの復興」というほうがいいのかも。
過去には戻れません。ただ、現代に失ったものを未来に復興させることは、まだ望みがあると思ってます。


毎日起きる、20年前には起こりえなかった数々の事件や社会現象。
ゆとり教育はココロのゆとりを生まなかったんではないか。
少子化と核家族化は親と子と学校の関係を必要以上に窮屈にしてないか。
携帯電話やインターネットの間違った使い方で、悲しい思いをしている人が多すぎないか。
資本主義社会は大前提だが拝金主義が横行してないか。
消費者はあまりにも移り気すぎないか。
長寿社会は組織活動を不活性化してはいないか。
30年前のニュータウンは今「何」タウンになっているか。
相互扶助とか公共の福祉とかいう言葉は消え去ってしまったのか。
株主還元には懸命だが社員還元はおろそかすぎていないか。
話しても伝わらないからといって向き合うことすら放棄していないか。
メディアはなんでもかんでもセンセーショナルにショッキングに演出しすぎてはいないか。


人は人を幸せにして、心豊かな社会をつくっていかなくちゃと思う。
コミュニティ=共同体は、人が他人の幸せを願うことのできる最小単位。誰かの幸せを願うことができる人、心豊かな社会の実現を自己実現とする人が増えていくような、そんな仕事ができればいいなと願ってます。


・・・・・熱はどうやら、心に移ってしまったみたい(^_^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールドファッション

土曜夜。
寝る間際のカミさんが「とつぜんミスドが食べたい」と。

で、バスに乗って本町のミスドへお遣いに繰り出したのが9時半。
その帰りは1ヶ月ぶりに呑み屋へ寄り道です。

そこで常連仲間の一人、そば屋の大将と話し込んでおりました。
我が社のお客さんでもある大将、お酒も入ってだいぶ辛口モード。

いつものことですが、自分のポリシーとして、我が社の話題になったときはどんどん注文を付けて貰うようにしてもらってます。で、なおせるところはなおしていく。
でも、お客様に対する姿勢には、小さな会社ながら社員の認識に大きな温度差があって、そういう領域に話を切り込まれると、なかなかもどかしい。

たとえば大将の大きな不満は、現状の我が社の情報伝達方法では、彼らにとって必要な情報は全く得られないということ。その他もろもろもろ。
きっちり最後まで聞かせて貰い、「自分が少しずつカタチに変えていきますから」と言ったところで、「だからといってあんまり背負い込むな」と、気を遣われてしまい。

お客さんの注文をかなえてあげること。
それが私達の仕事。
同僚のみんな、お客様の声はちゃんと届いていますか?

そういう声に応えていこうとか、新しい取り組みを試みてみようとか、まったく声が上がらない我が社。
次の年度の仕事をあれこれ思案するこの時期に、「カネがないから何にも出来ない」と、あきらめばかり。

みんな結局ヒトゴトなんだ。
売上がおちるのは、仕方がないことだって。
何がどう仕方がないんだ?
どーして売上を向上させるために何が出来るか、という議論を避けるんだ???

最近いろんな人から「おたくの会社、あんたしか働いてないんじゃないか」と言われてしまう。
もちろん褒め言葉でもなんでもないし、うれしくもなんともない。自分だけ目立ちたくて仕事してるわけじゃない。ほんとうなら「おたくの会社、いい仕事してるじゃない」と言われたいんだ。

そんなことを深夜帰宅後、ぼけーっと考えてると朝。
・・・・息抜きに呑みに出て、ストレスを抱えて帰ってくるほどアホらしいことはない(^_^;;

買ってきたドーナツは、翌朝カミさんと息子が喜んで食べていた。息子が朝起きれない自分の布団に来て「どうもありがと!」と言ってほっぺチューしてくれた。これでココロのバランスが保てているようなもんだ。

息子がいつもうれしそうに食べるドーナツを見て思った。
オールドファッションはドーナツだけで充分ぢゃ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

演習「こんな上司は嫌だ」

というのが今回の研修の中にありまして、各チームとも白熱した議論が。。

大きく分けるとこんなポイントがあがりました。

■目標の設定に関すること
例えば、問題意識が欠けてる、ミッションを示さない、現実と乖離した目標を掲げてしまうとか、結果に対する責任を取らない(手柄は自分、失敗は部下)とか。

■意志決定に関すること
→稟議や判断の棚上げ・先送り、ピントのズレた回答をしてしまう、とか。

■情報の伝達・共有に関すること
→伝達を妨げたり、共有意識がない人が多い、とか。

■現状把握に関すること
→部下の業務進捗・労務状況を把握していない、優先順位の認識がズレてる、とか。

■人間性・性格
→これはもう、どうにもなりません(^_^;

組織っちゅーのはいろんな形態がありますもんで、一概にこれだけでくくれない領域もありますが、大体いいとこを突いているなーというのが実感であります。

まぁ、いつかどこかで上司の立場になる日もくるのでしょうから、ふつーの上司になる上でも少なくてもここはクリアしないとならないわけですなぁ。あらためて認識させられた事項でもあるし、ひとまずこの記事をプリントしてデスクマットに挟めておくことにします。

この関連で、今回研修で出たのはマグレガー理論ってーやつで、コーチングはY理論に有効な手法ともされてるわけですけど、うーん。

うちの場合はバリバリのX理論「なまけたがり、責任をとりたがらず、放っておくと仕事をしなくなる」スタッフがちらほらといますので、通り一遍にはいかないところなんですねぇ。

同僚のみなさま、こーいう人達、どーしましょーねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あいさつ¥10

札幌で3日間の研修を受け、さきほど帰宅。

全道の半分くらいの支社の職員が参加してた今回の研修、テーマは「プロジェクトマネジメント」と「経営支援に活かすコーチングスキルの習得」の2つ。新規プロジェクトを2本抱えている自分にはとってもタイムリーかつ有意義な研修となりました。

で、研修テーマとはまったく関係ない話でひとつ、コーチング演習の中でわかったことと気が付いたことが。

というのは、私達の職場はお客様から「敷居が高い」「入りづらい」ということをよく言われるわけなんですが、実はこれはうちだけでなく、各支社どこでも共通の問題なのだなぁという事実。特に「挨拶」と「誘導」という、2つのアプローチがどこもちゃんとできていない。

更にこの問題、昔っから言われているにもかかわらず、改善出来たという話も殆ど無い。ここが問題!

オフィスの設備やスペースなどハード的な制約も問題のひとつだったりするんですけど、そういう点はちょっと棚上げしまして、注目すべきなのは、改善努力の姿勢を示して接客向上策を試みたことのある支社でも、一時的な効果だけで長続きはしなかった、という点なのです。

なぜ長続きしないのか、を自分なりに分析すると、『挨拶』に対する『価値』のあり方が問題なのではないか、という仮説が見えてきます。これって前回「NPOができること」で書いたように、物事の価値がちゃんと認識できていないことが原因なんではないかな、ということです。

視点を変えるとイメージしやすいんですが、商業やサービス業を生業とする人達は「挨拶・接客」を通じて顧客を引きつけ、売上を得ています。「挨拶・接客」は、自社の商品やサービスを利用して貰うための最初のアプローチで、これがなければカネを稼げない、メシを食えない、ということであります。

一方で我が業界。私達だって「接客サービス」業種であるにも関わらず、競合他社がありません。加えて、私達の業界は接したお客様から直接的に売上を得る商品やサービスはごく僅か。

すなわち「挨拶・接客」がおろそかでもほとんど売上には影響しなかったし(これまでの時代は。。)、だから当然スタッフにも「売上あってこその給料なんだ」という意識が殆ど育っていないわけです。そんなもんだから、上司に言われて一時的に挨拶改善やらなにやら取り組んだり盛り上がったりしても、結局長くは続かない、というケースが多いんですねぇ。

てことで、我が業界では誰も「挨拶」の価値を見いだせていない。

したらばワタシが見いだしましょう!ということで思いついた「あいさつ¥10」企画。
挨拶に価値がない(売上・給料に直結しない)、というなら、価値を与えちゃおう、というわけです。

ルールは簡単。いい挨拶をするスタッフに「あいさつ料10円」を、その組織の代表者が支払うのです。

・・・実際にはちょっとやり方を工夫して(一回ごとに10円払うわけにいきませんから)例えば1ヶ月ごとに、職場内でいい挨拶・応対をしたと認められるスタッフに、3千円とか5千円とかを贈呈する、という方法などもあります。自分が代表者なら、3千円ならポケットマネーでやってもいいかなーと。それで挨拶・応対が向上すれば安いものですし。

とにかく、「挨拶」の価値を「遊び心」から再発見してもらえばいいんじゃないかな、という話です。「あいさつLサイズ50円」とか、1回贈呈時に「あいさつマイル100pt」を付与して、500ptたまると、あいさつ料倍額プレゼント、とか。

ポイントは「定期的に、全員の前で、現金で渡す」ということです。
ここまでやると、何も感じないスタッフや、「バカじゃねーの」なんて反対姿勢を示すスタッフなど、そもそもシゴトに対する姿勢がなっていない人種があぶりだされてくるはずです。あとはそいつらを煮るなり焼くなり(^_^;

・・・・・なんか、職業人が「あいさつ10円で接客向上!」とか言ってるのもむちゃくちゃ恥ずかしいわけなんですが、これが我が業界の現実であります。

はやく「スマイル0円」を掲げられる職場にしたいなと(^_^;思ってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モチベーションノート

とやらを、綴っていこうと思います。

サラリーマン生活もまる10年が過ぎ、11年目に入りました。
で、つぎの10年をどう過ごすか、というお話です。
仕事に関しても、仕事じゃない面に関しても、思ったことから書いていきます。

夢と言うほど格好いいものはありませんが、相変わらずやりたいことはたくさん。
かといって散漫にならないよう、立ち位置を定めつつ、目標を立てて進みたいと思いまして。


ちなみに、1995~2004の反省事項から。
○仕事面において、職場に対する期待を抱えすぎ、実情とのギャップに悩まされた
○生活面において、体力面の不安が増えた
○ライフワーク(課外活動)は仲間にも恵まれ充実していたが、スキルアップに繋がる取り組みが少なかった


なんてことをふまえつつ、綴って参りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)